スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

最終更新日: 公開日:2017-10-17 | Posted in ライフスタイル by

今回は、スーパーカーの維持費について述べてみたいと思う。

ボクはこれまで、ポルシェと名のつくクルマを3台、そしてランボルギーニを2台乗りついできた。
はじめてポルシェを購入したのは2002年で、最初のランボルギーニは2009年の納車だ。

ポルシェの維持費はどれくらいだろう

水冷世代にかぎって言えば、ポルシェの維持費は意外とかからない。
ほかメーカーのクルマに比較して高くつくのはオイル代くらいのもので、ふだんの点検費用や消耗品、保険などはメルセデス・ベンツやBMWと大差ないと考えていい。

オイルにお金がかかるのは、一般的なクルマの倍くらいの量を必要とし、しかも高価な銘柄が指定されているためだ。そのため、一回あたり3万円前後を投じる覚悟が必要である。

スーパーカー 維持費

▲以前に乗っていた、ポルシェ911カレラ(997世代)。ボディ/内装色、そしてマニュアル・トランスミッションにこだわった一台だ

加えて、ポルシェはそう簡単にタイヤが減るクルマではない。
これは「ポルシェはサスペンションの設計がしっかりしており、タイヤのグリップに依存した走りをするスポーツカーではない」ということを意味するが、車体が軽いことも効いている。
そのため、同じ馬力をもつ重量級サルーンよりはずっとタイヤが減らない、とボクは認識している(あくまでも一般的な走行を行うという前提だが)。

しかし、今日語りたいのはポルシェの維持費ではない。ポルシェの維持費については別の機会にあらためて述べたいと思う。
なんといっても今日の本題は「スーパーカーの維持費」なのだから。

実際のところ、スーパーカーの維持費はどれくらいかかるのか。
それはポルシェを3台乗り継いだボクにとっても、予想をこえるものだった。

スーパーカーの維持費:ランボルギーニ・ガヤルド編

ぼくが最初に購入したスーパーカーは「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4」だ。
ランボルギーニは1999年にアウディ傘下に入っているが、その後、2004年に発売されたのが「ガヤルド」である。

スーパーカー 維持費

▲これがボクの乗っていたガヤルドLP560-4。15台のみが発売された日本市場限定車で、たまたまシリアルナンバーは「1/15(つまり1号車)」だった

この「ガヤルド」はアウディによる買収以前から企画されたクルマであり、そのため初期モデルではアウディが関与していない部分も多い。

その後、2009年にフェイスリフト版として登場したのが「ガヤルドLP560-4」で、名称にはあらたにイタリア語で「縦置きエンジン」をあらわす「LP=Longitudinale Posteriore」、そして馬力を表す「560」、駆動輪を示す「4」が付いている。

英語で発音すると「ガヤルド・エルピー・ファイブシックスティ・ダッシュ・フォー」ということになるが、ツウはこれを単に「ダッシュ・フォー」とだけ呼ぶようだ。

この「ガヤルドLP560-4」は、やはり2009年に発売された「アウディR8 5.2 FSIクワトロ」とおなじエンジンを搭載しており、ほかに共通するパーツも多い。
つまり、アウディと「共通する」パーツが多いということは、同時に「壊れにくい」、「壊れても修理コストが安い」ということを意味する。

スーパーカー 維持費

▲インテリアはいま見るとクラシカルともいえる趣をもつ

実際にそれまでの「ガヤルド」に比べると、この「ガヤルドLP560-4」は格段に信頼性が向上している。
エアコンやフロントリフター(段差をこえる際に、スイッチひとつで車高を上げることができる便利機能だ)など、それまでのガヤルドでは時折トラブルが見られた部分、そして修理に多大な費用を要したところはまず壊れなくなった。

ただ、それでもガヤルドLP560-4はスーパーカーであることに変わりはない。

スーパーカーは維持費もスーパー。ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4の場合

ここで、ボクがガヤルドにかけた維持費を見てみるとしよう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...