なぜイタリアにはスーパーカーメーカーが多いのか?その疑問に迫ってみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

スーパーカーといえば、どのメーカーやクルマを連想するだろうか。

人によれば日産GT-RやホンダNSXかもしれないが、ボクにとってスーパーカーとは「フェラーリ」であり「ランボルギーニ」だ。

そして共通するのは、フェラーリもランボルギーニもイタリアのメーカーである、ということだ。さらに、マセラティ、かつてのデ・トマソもイタリアのメーカーである。

一方、ほかにイタリアで有名な自動車メーカーは「フィアット」だ。フィアットはご存知の通り大衆車メーカーだが、イタリアには世界に名だたるスーパーカーメーカーと、大衆車メーカーが同居している、ということになる。

なぜイタリアにはスーパーカーメーカーが多いのか?その疑問に迫ってみた

自動車メーカーを有する国としては、ほかに我が日本、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカなどがあるが、イタリアほど「両極端」な国はないだろう。

今回はなぜイタリアはそういったスーパーカーを作りえたのか、について考えてみたい。

イタリアには高級ブランドがたくさんある

イタリアが有名なのはスーパーカーだけではない。ファッションブランドや食べ物も同様に有名だ。

ファッションブランドだと、アルマーニ、プラダ、ドルチェ&ガッバーナ、フェンディなど、その名を挙げるとキリがない。食べ物も同様で、ピザ、パスタからジェラートやティラミスといったデザート、カプチーノといった飲み物までもが世界中に知れ渡り、愛されている。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...