スーパーカーオーナーになると起こりうる「想定外のリスク」とは?

公開日:Posted in ライフスタイル by

スーパーカーオーナーになると、思わぬリスクに遭遇することがある。
最近報道された、フェラーリやポルシェが起こした高速道路上の事故のように、「ポルシェが引き金になった事故だから」「フェラーリが絡んだ事故だから」という理由で報道されるというのは端的な例かもしれない。

つまり、一般的な車種だと話題にならないようなことでも、スーパーカーだと槍玉にあげられやすい。

もちろんそこには世間の「ひがみ」を煽ろうとするマスコミの意図が見え隠れしないでもないが、もちろん一番問題なのは、違法行為をする側であることは言うまでもないだろう。

スーパーカーオーナーになると起こりうる「想定外のリスク」とは?

スーパーカーオーナーは皆の手本になるべき立場である

だからまず、スーパーカーに乗るならば、無謀な運転、違法行為はしてはならない。
「あおり運転」が話題となって以来、ドライブレコーダーの装着率は高くなっていて、「いつもどこかで誰かに見られている」、そして「常に記録されている可能性がある」ということを改めて認識しておくべきだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...