“スーパーカーは燃える”はやはり事実。では、なぜ燃えるのかを考えてみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

「スーパーカーは燃える」というのが世の共通認識である。

ボクもそれは否定しない。

幸いにしてボクは自分のクルマを燃やしたことはないが、世間では時おり、やれフェラーリが燃えただの、ランボルギーニが燃えただのといったことが報道される。

かなりの大事故でもない限り、普通のクルマが燃えても大きく取り上げられることは少ないと思うが、スーパーカーが燃えるとそれは大きな扱いのニュースになる。そして大きな扱いになるということは、つまり「人びとはそういったニュースを求めて」おり、メディアはそれを知っているから、「スーパーカーが燃えた」と報道することで人びとの注目を集めようとするわけだ。

“スーパーカーは燃える”はやはり事実。では、なぜ燃えるのかを考えてみた

なぜ人びとはスーパーカーが燃えたというニュースを好むのだろう。そこにはスーパーカーに乗るオーナーに対する「やっかみ」があるのかもしれないし、自分が所有することができないクルマに乗る人を襲ったに対し、なにか思うところがあるのかもしれない。

だが、今回の本題はそういった「心理」ではない。「なぜスーパーカーが燃えるのか」、だ。

スーパーカーは本当に燃える

スーパーカーは燃える。間違いなく燃える。過去に「フェラーリ458イタリア」が炎上の可能性があるとしてリコールされたことがある。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...