環状八号線メモワール。あの頃の環八は輸入車名店街だった!

最終更新日: 公開日:2016-05-20 | Posted in ライフスタイル by

環状八号線、通称「環八(カンパチ)」。

場所は分からなくとも、もしかしたら、「環八(カンパチ)」という響きは聞いたことがあるかもしれません。東京都北区から大田区までを結ぶ、総延長約45キロの環状道路のことです。

そこは古くから、主に輸入車を扱う販売店が軒を連ねる道として知られています。その昔、環八沿いにある輸入車販売店を巡ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。筆者もその一人です。

環八は昔もいまも輸入車名店街

Map_of_Kanpachi-Dori_Ave.Tokyo_Metropolitan_Road_Route_311
出典:https://ja.wikipedia.org/

環八内回り。京王線の高架橋をくぐったあたりから、道路の左右に輸入車販売店が見え始めます。そこから小田急小田原線の高架橋をくぐり、第三京浜道路玉川ICの入口を過ぎ、羽田方面に向かうまで。それこそ深夜の輸入車販売店周遊プランが組めそうなほど、あちこちに点在していました。

インターネットがなかった時代は、中古車専門誌などで物件をチェックするしかありませんでした。雑誌の発売日にすぐさまチェック。気になる売り物件を見つけると、その日の深夜にはクルマを走らせ、店舗の前に張りつき、買えもしないのに延々と眺めたものです。当時は、知らない人と偶然鉢合わせても、雑談はあまりしなかったと記憶しています。

環八沿いにあるウィンドウフィルム施工店でアルバイト。レガシィ漬けの日々

ある方の紹介で、環八沿いにあるウィンドウフィルムの専門店でアルバイトをすることになりました。筆者がまだ20代の頃です。当時は「プライバシーガラス」の設定がほとんどなく、連日大忙しでした。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...