地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

最終更新日: 公開日:2017-09-27 | Posted in ライフスタイル by

ボクがドバイに行ったときの話をしようと思う。

街なかを走るスーパーカーたち、とんでもない希少車がずらりと並ぶエキゾチックカーディーラー、体育館のように大きなランボルギーニの新しいショールームなど、語りたいことは山のようにあるが、今回ここで触れるのは「サファリツアー」だ。

そもそもドバイとは、どういったところなのか?

ドバイ サファリツアー
▲サファリツアーとは、オフロードカーで思いっきり砂漠を「ぶっとばす」豪快なツアーのことだ

まずドバイについて紹介しておく必要がある。

読者の方々は、ドバイについてどういったイメージをお持ちだろうか。
金ピカのロールスロイス、オイルマネー、やたらと下品な改造車・・・?

ドバイ サファリツアー
▲ドバイの空港にて。ポルシェ911が当たる「くじ」が売られている。やはりドバイはスケールが違うと感じる瞬間だ

ボクも同じように考えていた。
そう、ドバイを訪れるまでは。

実際のドバイは、ボクが想像していたようなところではなかった。

まず、ドバイは直接的にオイルマネーで潤っているわけではない。

ドバイは、アラブ首長国連邦を構成する一つの国で、中東に位置してはいるが、実は、産油国としての規模は小さいのだ。
実際に、ドバイのGDPに占める石油の割合は、わずか数パーセントだという。

周辺国に比較して、ドバイはもともと石油の埋蔵量が少なく、そのため常に「石油に依存しない方法」を考えてきた。
その方法とは、「流通」、「貿易」、「観光」の三本柱だ。

ドバイ サファリツアー
▲ドバイミュージアムには「貧しかったころ」のドバイの様子が展示してある。この世の春を謳歌しているように見える彼らだが、「あのころには戻りたくない」、「戻らないためにはなにをすべきか」を考えているようだ

近年におけるドバイの発展は石油に依存したものではなく『これら三本柱(流通、貿易、観光)によるものだ』ということを、ボクは強調したい。
しかし、(パリのエッフェル塔、エジプトのピラミッドに代表されるような)観光資源に乏しく、そしてアジアからも欧州からも遠いドバイにとって、企業や人を誘致するのは容易ではない。

そこでドバイの偉い人たちは考えたはずだ。
「どうやったら世界中にドバイの名を知らしめることができ、人々を呼びことが出来るのか?」と。

その手段として用いられたのが、おそらくはかつて「世界一」の高さを誇ったブルジュ・ハリーファ(カリファ)であり、真夏には摂氏40度をゆうに超すなかにそびえる「室内スキー場」であり、世界最高ランクの7つ星を誇るホテル「ブルジュ・アル・アラブ」であり、宇宙から唯一確認できる大きさを持つという人工島「パーム・アイランド」だったのだろう。

こういった「トンデモ級」の建造物がドバイをドバイたらしめていると思われるが、これらのインパクトは非常に大きく、結果としてドバイの名を世界中に轟かせることになった。

ドバイ サファリツアー
▲ホテル前から見たブルジュ・ハリーファ

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...