なぜ自動車メーカーはレストアビジネスを始めるのか?その理由を考えてみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

最近は自動車メーカー自らが、自社の過去モデルをレストアしたり、パーツを再生産するケースが増えてきた。
スーパーカーメーカーだと、フェラーリが自社のクラシックモデルをレストアする「フェラーリ・クラシケ」、同様の活動を行うランボルギーニの「ポロストリコ」が有名だ。

なぜ自動車メーカーはレストアビジネスを始めるのか?その理由を考えてみた

世に送り出したクルマの、実に70%が現役で走っているというポルシェも「ポルシェ クラシック」なる部門を持ち、レストアを行うのはもちろん、ポルシェ愛好家に向けてクラシックモデルのパーツ販売を行っている(しかも、オンラインにてモデルごとにパーツを検索可能だ)。

その流れは日本にも波及している

なぜ自動車メーカーはレストアビジネスを始めるのか?その理由を考えてみた

日本国内に目を向けると、日産が「GT-R(BNR32)向け」にパーツの復刻販売を開始したし、ホンダも「ビート(バイクではなくクルマのほうだ)」オーナーのために絶版パーツを再販するという英断に踏み切った。

マツダは初代ロードスターのレストアサービスを開始し、輸入車販売の老舗であるヤナセも「ヤナセ クラシックカーセンター」をオープンさせ、往年の名車を高い技術で蘇らせる、としている。

なぜ自動車メーカーはレストアビジネスを始めるのか?その理由を考えてみた

なぜ自動車メーカーはレストアビジネスを始めるのか?その理由を考えてみた

今回はそういった「昔の車」に焦点が当てられているという潮流についての考察だが、旧いクルマの呼び方は様々だ。
たとえばヴィンテージカー、ヒストリックカー、クラシックカー、ネオクラシックカー、旧車など。
ただ、それぞれ明確な定義がなされておらず、ここでは「1960年代くらいまでに製造され、希少価値が高いクルマ」をクラシックカー、「それ以降に大量生産されたクルマ」を旧車、という具合にザックリと分けてみたい。

なぜ、旧いクルマが見直されるのか

なぜ自動車メーカーはレストアビジネスを始めるのか?その理由を考えてみた

ボクは、このような「クラシックカーブーム」や「旧車ブーム」ともいえる流れについて、その理由は4つあると考えている。
それは下記の通りだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...