クルマを本当に知るには、ネットでスペックを調べただけでは分からない。情報収集の「無駄」について考える

公開日:Posted in ライフスタイル by

さて、今日は少しクルマそのものから離れたテーマについて話をしてみたいと思う。
そのテーマとは、ズバリ「無駄」だ。

ネットで検索すれば欲しい情報が欲しいだけ手に入る

現代は情報社会である。

欲しい情報は検索すればすぐ手に入るし、そもそも探しにいかなくとも、ニュースアプリやメルマガでどんどん配信されてくる。
クルマのスペックだって、検索すればすぐに出てくるし、記事を書くための調査にかかる時間が大きく短縮され、なんとも便利な世の中になった。

つまり、知識を得るのが容易になったといっていい。

情報収集の効率化

だが、昔はこうではなかった。
クルマのスペックを知ろうとすると、そもそもカタログか雑誌がないとわからない。
そして、カタログや雑誌が手元にないと調べようもない。

だからボクは、クルマのカタログを収集したり、雑誌の記事をスクラップする習慣が身についていた。

なにもボクはここで昔を懐かしんでいるわけではない。
むしろボクは情報化社会の恩恵を受ける立場であり、もっと情報の密度が濃く、スピードも速くなってほしい、とすら考えている。

物ごとを知る「過程」と「結果」について考える

そこでボクはふと思った。
最近はあまり雑誌はもちろん、小説を読むことがなくなったな、と。

かつて、ボクの情報源は雑誌や小説が主なものだった。
ただ、雑誌や小説は何か特定の事象を知りたいということを目的に読むものではない。
最初から「へえー」とか「ふーん」とか「こんなものもあるんだ」と思いながら見るのが雑誌であり、その情景を思い浮かべながら読むのが小説だ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...