フェラーリ テスタロッサ スパイダー?日本で売られていたかなりレアなオープンモデルたち

最終更新日: 公開日:2016-06-22 | Posted in ライフスタイル by

いつの時代も「人とは違う」クルマを求めるユーザーは必ず存在します。こだわり?自己顕示欲?それともあまのじゃく?理由はさまざまですが、その結果、レアなモデル、ワンオフモデルがこの世に生まれることになります。

もし、メーカーがカタログモデルとして販売していなければ、特注でオーダーするしかありません。オープンモデルであればなおさらです。そこで、実際にかつて日本で売られていた、ちょっとレアなオープンモデルを、独断と偏見を交えつつご紹介いたします。

メルセデス・ベンツ560SEC カブリオレ(C126)

CAROというメーカーをはじめとする、いくつかのカブリオレが存在していました。先日、Sクラスカブリオレが発表されました。44年振りの復活ということで、C126時代には設定がなかったことになります。それでも、元々のデザインがオープンにしやすい形状なのか、違和感を感じさせない佇まいでした

ポルシェ959 カブリオレ

日本で売られていた959のオープンモデルはレプリカです。それでもベース車両は911ですから、贅沢なオープンモデルであることには変わりはありません。海外では、修復を機にワンオフモデルのオープンモデルとして新たな人生を歩み始めた959も存在します

ポルシェ928 カブリオレ

MONSTERという、ケーニッヒ張りのワイドボディのポルシェ928の屋根をカットし、布製の幌を架装したモデルが実際に日本で発売されていました。筆者の記憶では「ASK」でしたが、果たしていくらのプライスタグを掲げていたのでしょうか。いまでも大事に保管されていたら、相当に貴重な個体です

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...