ほかにクルマを停めるスペースがあるにもかかわらず、自車の周りにばかりクルマが集まるのはなぜか?

公開日:Posted in ライフスタイル by

ボクはよく怪現象に遭遇する。
それは、「空いている駐車場にてクルマを停め、戻ってきてみると、ほかにクルマを置く場所がたくさんあるのに、なぜかボクのクルマの周りにだけほかの人のクルマが停まっている」というものだ。

ほかにクルマを停めるスペースがあるにもかかわらず、自車の周りにばかりクルマが集まるのはなぜか?

ボクは駐車するのに“不便な場所”をわざわざ選ぶ

ちなみにボクはこういった現象を避けるため、なるべく不便な場所へとクルマを停めるようにしている。
たとえば、商業施設であればもっとも入り口から遠い場所や、自走式立体駐車場であれば、最上階に停める、といった具合だ(これは同乗者にはすこぶる不評だ。なぜならば文字通り”不便”だから)。

これはひとえに「横の車からドアパンチを喰らいたくない」という心理が働いた結果だが、同じように考え、行動する人もほかにはいる。

だから、ボクと同じように「不便な場所」へとクルマを停める人がいるのは理解できる。
そしてそういった人々は同じようにドアパンチを避けるために、わざと左右に間隔をあけてクルマを駐車するのが通常だ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...