フェラーリの利益は1台あたり約900万円?一番儲かっているのはどの自動車メーカーなのか

公開日:Posted in ライフスタイル by

毎年、夏から秋にかけて、自動車業界の「業績」が報じられる。
なぜこの時期かということだが、主に欧州の自動車メーカーのビジネスイヤーが「7月を区切りとしている(日本の”3月や4月が決算月”というのとよく似ている)」からで、よって7月以降に各社がその業績を公表するためだ。

利益は重要な指標だ

そして、「利益」がどうなっているのかは非常に重要だ。
なぜなら自動車メーカーは営利企業であり、多くの会社には株主がいる。
そして自動車メーカーは株主に対して責任があり、株式を通じて投資している人々に利益を還元しなければならない。
そしてもちろん、常に株主が利益を気にしていることは言うまでもない。

フェラーリの利益は1台あたり約900万円?一番儲かっているのはどの自動車メーカーなのか

そこで今年の数字だが、おおよそは下記の通りだ。
わかりやすいように「1台あたり」売っていくら儲かるのかを日本円に換算しているが、この数字は該当期間に稼いだ(と報じられる)利益を単純に販売台数で割ることによって算出している。

フェラーリ…900万円
BMW…110万円
メルセデス・ベンツ…110万円
アウディ…110万円
ボルボ…50万円
ジャガー・ランドローバー…10万円
ベントレー…マイナス210万円

参考までに、これ以外のメーカーで、今年はじめに公開された(つまり2017年通年での利益だ)数字も記してみよう。

ポルシェ…215万円
ランボルギーニ…52万円
トヨタ…26万円
フォルクスワーゲン…12万円
三菱…12万円
日産…7万円
ホンダ…5万円

利益が少なければお買い得、というわけではない

これらの数字を見て、どういった印象を持つだろうか。
ざっと数字だけを見ると、フェラーリが儲けすぎているように思えるかもしれない。
あるいは、ホンダは利益を取らず、消費者に安くクルマを売ってくれている、と感じるかもしれない。

だが、コトはそう簡単ではない。
ここでちょっと説明してみよう。
たとえばフェラーリだが、たとえば488GTBの車両本体価格は3000万円くらいだ。
だから、数字だけ見ると、「3000万円のうち、900万円が利益」のようにも思える。
しかし実際はそうではない。
フェラーリは「限定モデル」の価格が異常に高価だからだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...