ポルシェ・マカンが牽引。販売される4台のうち3台がSUV化するポルシェを許せるか

公開日:Posted in ライフスタイル by

ポルシェにおける、2016年第1四半期の販売台数の約70%がSUVという事実。カイエンに引き続き、マカンも発売直後から瞬く間に「日本でよく見掛けるポルシェ」の代表格になったのではないでしょうか。

1.ポルシェのSUV化はマカンの登場でより顕著に

P16_0176

●2016年第1四半期トータル:
55,974台
●各モデルの内訳:
マカン/21,576台
カイエン/17,598台
911/7,711台
ボクスター/3,029台
ケイマン/2,822台
その他/3,238台

筆者も、この数字を見て驚きました。以前の記事でも取りあげましたが、事実上、SUVがもっとも売れているポルシェとなっており、さらにそのなかで重要な位置を占めているのがマカンでもあるのです。

2.いまや、中国市場が世界No.1のポルシェ販売市場に

▼国別のポルシェ販売台数および増減率
porsche2016-1
出典:ポルシェ公式データより

こうして見ると、ポルシェの全世界の売り上げの30%が中国市場ということが分かってきます。永らく、アメリカがポルシェの市場だったものが変わりつつあるということですね。

中国では、本年度中に正規ディーラー網を100店舗まで拡大する計画もあり(日本は約40店舗/2016年4月現在)、今後さらに販路が拡大することで、より販売台数も伸びることが予想されます。

S14_0085

また、高級車ブランドだけに、どの国、どの地域で売り上げが伸びているかを把握することで、世界の景気動向をある程度は認識できる指標となりそうです。

3.ポルシェの販売累計台数でみる日本市場は?

▼今年1月からのポルシェ累計台数(日本)
porsche2016-2
出典:JAIA輸入車新車登録台数データより

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...