クルマでスキーに行くのが、最高にカッコ良かったあの頃

最終更新日: 公開日:2017-02-14 | Posted in ライフスタイル by

「凍ってるね」と、ドライバーシートに座ったままドアをあけ、地面に積もる雪をさっとなでながら言ったことのある読者は手を上げなさい。

そう、ちょうど30年前、1987年に公開された映画「私をスキーに連れてって」の有名なシーンで原田貴和子さんと髙橋ひとみさんがやってたことだ。

当時のクルマ好きの若者たちは、原田知世さんみたいな彼女が欲しい、なんてことよりも、4WDのセリカに出始めのスタッドレスタイヤを装着していたことがうらやましくてしかたなかったはず。高速のPAでチェーンを脱着しなくてもいいし、交換後も乗り心地も損なわない夢のようなタイヤだった。今では冬場の定番アイテムとして一般化しているが、当時はかなり贅沢なものだった。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...