車両価格500万円までで40代男性に似合う、シーン別おすすめ中古輸入車まとめ

最終更新日: 公開日:2016-04-29 | Posted in ライフスタイル by

仮に18才で運転免許を取得したとして、生涯のあいだに何台のクルマの乗り継ぐのでしょうか?40代に差し掛かる頃には、かなりの台数の愛車遍歴を重ねている方もいるはず。年齢的にも、既婚者またが独身といった立場によって、選ぶクルマにも違いがありそうです。30代ではまだまだ背伸びをしていたり、現実的に手が届かなかった憧れの存在が、「頑張ればどうにか…」という段階に近づいてきている方もいることでしょう。

※予算を青天井にすると際限がなくなりそうなので、車両本体価格500万円を上限に設定しました。また、購入後の故障や維持費等の懸念材料もありますが、それは(多少なりとも)別途補正予算があるという前提で話しを進めます。そのあたりのリスクヘッジにも対処できる40代ということで…。

勢いとタイミングか!? 若い頃の憧れを現実にしたい

若いころは手が届かなかった憧れの存在が、ふと気づけば現実的な存在に。いずれそのうちでいいかな…などと考えていると、あっという間に売値が上昇してまたもや手が届かないところに…という事態は避けたいところ。勢いとタイミングが重要になってくるモデルもありそうです。

●メルセデス・ベンツ 500E/E500(W124)

●ミニ(クラシック)

●ランドローバー レンジローバー(先代)

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...