旧いクルマを所有することは「悪」なのか?オーナー同士で想いを共有してみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

ゴールデンウィークに前後して自宅に自動車税の納付書が届いた読者も多いと思う。毎年のことではあるが、ここ数年は割増であることがわかっているので、開封する瞬間は何とも気が重かったのではないだろうか。

車検証上の初年度登録から13年を超えたクルマに対する毎年の自動車税や、車検時の重量税が割増になるのは、読者の皆さんはご存知の通りだ。そして、今年からは18年を超えるクルマはさらに重課税となっている。

NoQZ 自動車税 旧車 増税

旧いクルマを大切に乗っているにも関わらず、税金が高くなるという制度自体、まったく納得ができない。世間では、いわゆる「エコカー減税」の減収分を補うために難癖を付けて旧いクルマへの重課税をしていると解釈されても仕方がない。「そもそも論」を始めるとキリがないのでほどほどにするが、「エコカー」を減税することは100万歩譲ってよしとしても、やはり「単に旧車だから」というだけで増税というのは、どうにも理解できないのは筆者だけだろうか?そこで、先日、ちょっとしたイベントを企画してみた。

『No!旧車増税』の想いを皆で共有するイベントを開催してみた

NoQZ 自動車税 旧車 増税

NoQZ-Yokohama
https://www.facebook.com/events/373872629764639/

今回、イベントを開催するにあたり、”NoQZ”という謎の文字列を採用した。「No!(Q)旧車(Z)増税」の略で「ノーキューズィー」と読んでもらうムーブメントだ。一部のマニアが自分たちの不利益を叫ぶだけではなく、いかにこの増税ルールに根拠がなく不条理であるかを多くの皆さんにご理解いただきたい、というのが当イベントの主旨だ。

NoQZ 自動車税 旧車 増税

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...