若者のクルマ離れ説を一蹴!焦げるほど熱気を帯びた「クルマ好きな若者たち」

最終更新日: 公開日:2015-05-07 | Posted in ライフスタイル, 若者のクルマ離れ by

「若者のクルマ離れ」という言葉を耳にするようになってから、どれほどの月日が流れたでしょうか?

「ウチの息子は、高校卒業してもクルマのクの字も出て来ないんだよ。オレが若いときなんてさ…。」そんなお父さんたちの嘆き声が聞こえてくるようです。

類は友を呼ぶのか?それとも単なる偶然か?カレントライフでは、そんな風評を吹き飛ばすほどの熱気を帯びたクルマ好きの若者をご紹介いたします。

I.Uさん(23才)
若者のクルマ離れ説を一掃する「クルマ好きな若者たち」
現在、輸入車ディーラーでセールスを担当しているI.Uさん(25才)。かつてはアルバイトで稼いだお金をすべてつぎ込んでチューニングしたR32型GT-RやFD型RX-7に乗り、寝る間も惜しんで走りを楽しんでいたというI.Uさん。すでに他界されているお父様(整備士)の愛車がBMW2002だったという記憶があまりに鮮烈で、I.Uさんも自然と輸入車の世界に興味を持ちはじめたそうです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...