もはやテレホーダイやNetscapeも通じないのか?SNSを使いこなす20代のクルマ好きを見ていて思うこと

公開日:Posted in ライフスタイル by

最近、20代のクルマ好きの方と話す機会が増えました。彼らのSNSを見ていると、夜な夜なクルマで「出撃」しているようです。まるで、かつての自分のように・・・。出先で撮影してSNSにアップロードした画像を見ていると、本当に楽しそうです。羨ましくもあり、自分が年を取ったと思わざるを得ない現実を突きつけられます。筆者がいまの彼らくらいのときにもインターネットはありましたが、この当時は黎明期でした。

筆者が「インターネット」というキーワードを初めて知ったのは、1995年頃でしょうか。当時よくクルマで移動中に聴いていたTOKYO FMのある帯番組で、パーソナリティーの方が「インターネット」という言葉を毎日のように連呼していたことがきっかけ。当時、一部のアーリーアダプター層やパソコンに精通している方が使いはじめているとはいえ、まだまだマニアックな世界だったように思います。

夜な夜な走ることが楽しいのは20代まで!あっという間に夜な夜なドライブレス!

もはやテレホーダイやNetscapeも通じない?SNSを使いこなす20代のクルマ好きを見ていて思うこと

夜、ようやく仕事を終えて、気分転換を兼ねて深夜のドライブ。筆者にとって至福のひとときでした…と、思わず過去形になってしまいました。ついこのあいだまで当たり前のようにできていたこの行動が、いつの間にか起こせなくなりつつあります。理由はなぜか?ただ単に億劫になってしまっただけです。深夜に目的もなく当てもなくドライブなんて危ないし、そもそもめんどくさいという、至極まっとうな理由(いいわけ)をするようになってしまったのです。しかし、これは筆者にとってものすごく辛い。深夜のドライブができる状況にあるのに、まったくその気にならないんですから。昨今、夫婦間で申告な問題になっているセッ○スレスならぬ、夜な夜なドライブレス(?)です。もう少し、思う存分走り回っておけばよかった。後悔先に立たず。とほほ・・・。

筆者がまだ20代半ばだったころ、一回り年上の方(クルマ好き)と話す機会があり「夜なんて、クルマ乗り回すよりお酒飲んでる方がいいよ」といわれてぽかーんとなった記憶があります。当時はこの意味がまったく理解できなかったのです。元々、お酒は嗜む方なので、飲みに行くのはいまも昔も大好きです。しかし、優先順位でいえば「飲み < クルマで走る」でした。比率でいうなら1:9くらい、その比重(比率)がいつの間にか入れ替わっていました。もちろん現在は「飲み > クルマで走る」です。比率は10:0です。

もはやテレホーダイやNetscapeも通じない?SNSを使いこなす20代のクルマ好きを見ていて思うこと

日帰り出張で、都内から愛知県豊橋市までクルマを運転し、午後イチで打ち合わせ。そのままとんぼ帰りで東京へ。いったん帰宅してすぐさまクルマで出撃。明け方まで走って、眠くなったらそのまま車中泊。帰宅してシャワーを浴び、着替えて出勤。体力的にものすごくキツかったけれど、欲望の方が完全に勝っていた20代・・・。それが当たり前の日々であり、ずっと続けられるものだと思っていました。ついこのあいだまでは。

所帯を持つようになったらそんなことは許されませんし、個人差があるにせよ、いずれ夜な夜な出掛けることが億劫になる(飲みに行くのは別)時期がかなりの確率で訪れます。余計なお世話だと思いつつ「本当にいまだけだから。いまのうちに楽しんで!」と、20代の彼らに対してことあるごとに伝えています。当然ながら、反応はかつての筆者のように「ぽかーん」です。

20代の彼らがSNSに「これから大黒PAまでドライブです!」的な投稿を、こちらは馴染みの居酒屋のカウンターでハイボール片手に「いいね!」を押している始末。ありがたいことに、ときどき「一緒に行きましょうよ!」と誘ってもらえるのですが、こちらはもう、ハッキリいって朝までコースはしんどいのです・・・。実は、いまでも「出撃」はするんですが、その場所が明らかに変わりました・・・(※察してください)。

当然ながら、いまの20代には「テレホーダイ」が通じない!

もはやテレホーダイやNetscapeも通じない?SNSを使いこなす20代のクルマ好きを見ていて思うこと

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...