これもクラシックカーイベントの醍醐味!「奇跡的な出会い」と「ご意見無用の一人旅」

公開日:Posted in ライフスタイル by

前回に引き続き、JCCA ニューイヤーミーティングの話題ですが、筆者にとって今回はNYMに参加というより、関東方面への小旅行という意味合いのほうが強かったかもしれません。

▲まさしく今回はご意見無用のはぐれ鳥の一人旅でした

クラシックカーオーナーにとってクラシックカーイベントはクルマを観る、魅せるだけでなく、遠方の友人と共に時間を過ごすための場という意味合いもあります。今回のNYMのレポートは江上さんに任せて、筆者はとなりのセリカオーナーが振舞っていたお餅を食べていました。

同型車のオーナーが集まれば情報交換がはじまる

▲公園のイベントと違ってNYMの場合コンロ程度の使用可なので炊き出しを振舞う人もいます

とはいっても、ただ雑談していただけではありません。同じセリカのオーナーである以上、自然と会話の内容は自分の愛車の話からレストアやメンテナンスの話になります。年式ごとにどこが違うか、どこで部品を入手したとか、どこが一番腐食が酷かったとか…現在DIYでスバル360をレストアしている筆者には、0.6mm鋼鈑のボディだからといってムリに0.6mm鋼鈑を使わず0.8mm鋼鈑のほうが鈑金加工しやすいという話が参考になりました。(0.6mmではハンマーの力加減が難しくて伸びすぎるそうです)

ちなみにこのセリカLB(写真はNGとのこと、理由は後述)は、筆者の初期型の「バナナテール・5本テール」に対して51年規制対策モデルの「3本テール」と呼ばれる後期型です。「排ガス対策後」はなかなか注目されなかったのですが、当時各社がツインカムエンジンの継続生産を断念する中、ソレックスキャブ仕様のツインカムエンジンのまま51年規制をクリアした数少ない国産GTスポーツでもあります。

オーナーは本業で鈑金修理工場を営んでいるとのことでしたが、「医者の無養生で、人のクルマばかり直して自分のクルマは後回しになって気が付いたら錆穴だらけで、鈑金屋のクルマなのに人に見せられる物じゃなくって写真はちょっと」と苦笑いしていましたが、一方で来場者が錆穴をまじまじと覗き込んでいるのを楽しんでもいるようでした。

レストア屋さんの愛車というのは難しいようで、自分用にレストアベースを買ったけど思うように作業が進まない、エンジンが不調になってしまったもの、ずっと直せずほったらかしということがままあるようです。ちなみに、筆者のセリカLBを預けている東海自動車の社長は自分用のTE27レビンを仕上げるのに8年以上かかっていました。よく修理工場の片隅に古いクルマが置いてあって、色々な人が譲ってほしいと言っては断られるという話がありますが、そういう修理工場の主人は口には出さないものの、なんとかレストアして自分で乗りたいと思っているのかもしれません。

同型車の同仕様は最高の教科書

会場内で見ていて一瞬「ハッ!」となった、筆者と同じスーパーDXグレードのオプションカラーのサテンブロンズ(シャンパンゴールド)最終型のスバル360スーパーDX。見知らぬ土地で、自分のクルマとまったく同じグレードと色のクルマを見るというのはなんとも不思議な気持ちになります。ちなみに、この色の最終型スーパーDXは愛知県内に自分を入れても3台、そして今回筆者自身が確認したのは4台目。最終型のスーパーDX自体の生産期間が短く、スバル360の実動車の残存数を考えると、オプションカラーのゴールドに遭遇するのは相当なレアケースだと思います。(それが愛知県内に3台あるというのもおかしな話ですが)

もちろん、オーナーとは熱いスバル360談義となりました。このスバル360のオーナーは入手してまだ間もなく、まだまだスバル360はわからない事が多いという話でしたが、正直なところ筆者にとっては羨ましいくらいのコンディションでした。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...