ネオクラシックな日本車が人気!手の届かない存在になりつつある理由

最終更新日: 公開日:2016-04-27 | Posted in ライフスタイル by

「カレントライフって輸入車がメインで日本車はやらないんですね」

クルマ好きの友人や知人と話していると、しばしば指摘されることがあります。そして続けざまに「いま、ちょっと前の日本車と部品が手に入りにくくなってない?」といった話しの流れになることがしばしばあります。

そこで、その枠を取り払い「ネオクラシックな日本車が人気!手の届かない存在になりつつある理由」と題して、整理してみました。

個体の絶対数が減少している

例えば、スカイラインGT-R(R32)を例に挙げると、最終モデルは1994年式。いまから22年前です。そのとき生まれたお子さんが、社会人として巣立つ時期に来ているのです。総生産台数は43,934台といわれていますが、現役として日本の路上を走っているスカイラインGT-R(R32)は何台くらいなのでしょうか。すでに営業していない中古屋で雑草に埋もれつつあるGT-Rや当時のクルマたちを見ると、何ともいえない気持ちになります。

これまでにはない海外需要

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...