クルマが楽しくてしかたない!マイナー車好き20代オーナーから伝えたいこと

公開日:Posted in ライフ by

はじめまして、カレントライフにて執筆の機会をいただいた三好と申します。輸入車の中でも特に流通台数が少なく、街中でもあまり見かけることがないマイナー車の魅力と、その車と長く付き合うことの楽しさをお伝えしたいと思い、記事を執筆させていただくことになりました。

シビックタイプRからはじまった20代

現在25歳、学生の頃より輸入車を所有しております。とはいっても、最初から輸入車が好きだったわけではありません。最初の愛車は、免許取得後に購入したシビックタイプRです。高校時代に読み漁ったイニシャルDや湾岸ミッドナイトなどに登場する車に憧れ、「いつかはスポーツカーを!」などと思っておりました。しかし、サーキットで本格的に走るとなるとおどろくほどお金が出ていくようになります。走行料金や専用タイヤ、すぐに交換時期を迎えるオイルなどの消耗品というように、挙げはじめたらキリがありません。イニシャルDのように公道で走ろうとすると、今度はお金では解決できない安全面の問題があり、私は高性能なスポーツカーを持て余していました。

そんな時、ふとしたきっかけで友人から格安で車を譲ってもらえるという話をもらいました。今では公道で見かけるタマも少なくなってきている、ゴルフ4 GTIを5万円でという話でした。正直なところシビックはこまめに手入れをし、車としては問題なかったため買い替える理由はありません。ですが、シビックを持て余し気味だった私にとっては、とても魅力的な話に見えたのです。

輸入車の魅力にだんだんと気づいていく

いろいろ悩んだあと、結果的に私に輸入車の魅力を気づかせてくれることになったゴルフ4に乗り換えることにしました。シビックの頃は維持費のほかに、サーキットで走るためのコストがかかっていました。しかしゴルフに乗り換えてからはサーキット走行はしないため、ほかの部分にコストをかけられるようになりました。そこで、車の外見にも多少手を入れることができ、自分だけの1台に仕上げていく快感を覚えていくこととなりました。また、輸入車特有の匂いや内装部品の形状、異国の道路での使い勝手を考えて作られたさまざまな機能など、輸入車の魅力にもだんだんと気づいていくことになります。

人間の欲望は雪だるま式に大きくなると昔の人が言う通り、自分だけの1台をもっと追求したくなることは必然でした。ゴルフ4は外装品も取り換え、ハンドメイドのステッカーなども貼り、目立つ見た目にはなりました。また、国産車に比べれば流通した台数もすくなく、その希少性が親しい友人や親戚との話題にあがることも多くなりました。

しかし、如何せんベース車が大衆車ということもあり、私自身は車のシルエットに不満を覚えていました。「もうすこしめずらしいシルエットの輸入車がほしい・・・。」そう思ったとき、輸入マイナー車という非常にニッチな存在へのニーズに気づくことになったのです。

周囲から笑われても、マイナー車に乗るのが楽しい

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:三好 賢

1992年生まれ。シルエットの珍しい車に興味。本業はIT。空き時間にネットで中古車を探すのが癒しの25歳。