世代を超えたクルマ談義!20代の超クルマ好きな兄弟が送るリアルなカーライフとは?

最終更新日: 公開日:2017-01-07 | Posted in ライフスタイル, 若者のクルマ離れ by

例え毎晩の睡眠時間が2時間でも、高エンゲル係数であっても、理屈抜きにクルマで出掛けたり、夜な夜な走り回ることが楽しくて仕方がなかったことも遠い記憶のかなた…な、かつて20代だった皆さま。いつの間にか、家族が寝静まっている休日の早朝に愛車とのドライブを楽しんでいるのでしょうか?

現代の20代のクルマに夢中な若者は、どのようなきっかけでこの世界にのめり込んで、どのように楽しんでいるのでしょうか。また、周囲のクルマ好きではない同世代の人との温度差は?今回もそのリアルな実態に迫ってみたいと思います。

プロフィール

黒田 修平さん
・お名前:黒田 修平さん(兄)
・年齢:26才
・職業:清掃業
・愛車:メルセデス・ベンツ190E 2.5-16V、メルセデス・ベンツE55 AMG(W211)、スバル レガシィ ツーリングワゴン(BH型)

黒田 哲希さん
・お名前:黒田 哲希さん(弟)
・年齢:23才
・職業:整骨院勤務
・愛車:BMW M3(E30)

1.現在のお仕事を教えてください

兄・修平さん:現在は家業を手伝っています。
弟・哲希さん:高校生のときに陸上(砲丸投げ・ハンマー投げ)に夢中になっていたときに怪我をしてしまい、そのときに助けてもらった整骨院での体験を基に、現役のアスリートたちを何らかの形でサポートできないかと勉強しているところです。

2.将来、やってみたい仕事はありますか?

兄・修平さん:いずれは家業を継ぐことになる予定でますが、他にもいろいろチャレンジしてみたいこともあり、思案中です。
弟・哲希さん:数年後に整骨院の開業を目指しています!

3.現在の愛車を手に入れたきっかけを教えてください

メルセデス・ベンツ190E BMW M3(E30)

兄・修平さん:youtubeでDTMの映像を観ていてメルセデス・ベンツ190E 2.5-16Vが欲しくなったんです。あるとき、インターネットオークションで格安物件を購入しました。それがこのクルマであり、僕にとって初の愛車です。現在、購入してから6年目です。手を加えていくうちにいまのような姿になりました。

現代のモデルよりも、90年代のメルセデス・ベンツが好きですね。その後、勢いで560SEC(AMGブリスターフェンダー仕様)も手に入れましたが、いまは後輩に譲りました。

弟・哲希さん:高校生までクルマには興味がなかったんです。父や兄もクルマが好きで、その影響を受けているうちにスバル インプレッサを手に入れました。その後、インプレッサを事故で潰してしまいまして…。あるとき、インプレッサを預けていた主治医ところで知り合った方がM3を所有していて「売るときは声を掛けてください!」とお願いしてあったんです。そうしたら、本当に機会が巡ってきて…。提示された金額が破格だったこともあり、思い切って購入しました。

4.普段、愛車に乗ってよく出掛けるスポットはどこですか?

メルセデス・ベンツ190E BMW M3(E30)

(ここからは、アラフォー世代のカレントライフ編集部も一緒にお話させていただきました)

兄・修平さん:最近はご無沙汰ですが、日曜日朝の大黒PA、平日夜の辰巳PAに行っていました。あとは海ほたるPAでしょうか。友だちや彼女と釣りに行ったりもします。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...