香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

今日は、香港のクルマ事情について紹介したいと思う。
香港は古くからアジアの貿易拠点として発展してきたが、そのぶんお金持ちも多い。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

人口に対するロールスロイスの比率が最も高い地域は香港だと言われるし(数年前の統計だ)、パガーニが5台のみ製造した限定モデル「ゾンダ・チンクエ」も香港のパガーニディーラーがオーダーしたもので、ランボルギーニが本国以外に期間限定とはいえど「ランボルギーニ・ミュージアム」を開設したのも香港だけだ。

さらに「グンペルト」を買収して「アポロ」として再生し、0-100km/h加速が2.7秒を誇るスーパーカー、”アポロ・インテンサ・エモツィオーネ”を発表したのも香港の実業家である。

香港ではどんなクルマが好まれるのか?

香港を走るクルマたちは多種多様だ。
ただし、香港ではクルマ購入にかかる税金や、維持するための費用が高く、従って相当な収入がある人しか自分のものとして手に入れ、乗ることはできない。
「ちょっと無理をして」買えるという金額でもなく、従って香港でクルマを購入するような人々は「富裕層」であり、そういった人々がクルマを買うので、必然的に路上を走るのは「高級車ばかり」となる。※一番多いのはタクシーだが

同様の理由で「足代わりに」コンパクトカーを購入するという例も少なく、従ってそれらの数も非常に少ないようだ。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

香港ではスーパーカーが多い

香港はスーパーカー密度が高い。
基本的にスポーツカーやスーパーカーに対する理解が深く、街中は多くのポルシェ、ランボルギーニ、フェラーリで溢れている。

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲体感的な印象だと、フェラーリよりもランボルギーニのほうが多いようだ

香港はクルマ好きが多い?旧車から最新モデル、カスタムカーまでが走る様子をお届けしよう

▲最新モデルも多く見られるが、中には過去のモデルを大事に乗っているオーナーも多い。こちらは空冷世代のポルシェ911だ

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...