VWゴルフなんて大嫌いだった・・・はずなのに。

公開日:Posted in ライフスタイル by

記事タイトルに偽りなしです。筆者が高校生のころまではVWゴルフが大嫌いでした。そんな筆者は、何故かVWゴルフに乗っています。「なんだ自分の愛車をディスるんだ」。方々からそういわれそうですが、まずはご一読ください。

でもやっぱり、VWゴルフなんて大嫌い?

VW ゴルフ
▲当時、勤めていた企業の社長が所有していたゴルフ4GTIを運転させてもらったことがきっかけとなり、買ってしまったゴルフ5GTI

時はバブル真っ只中。メルセデス・ベンツは、当時の最上級モデルである560SELが飛ぶように売れ、初代セルシオは2年待ち、さらに最上級グレードにあたるC仕様Fパッケージ、本革仕様が最強という時代だったように思います。筆者もそんな洗礼を受けていたのか「大きくて、速くて、パワーがあること」が正義だと信じていました。まだ、運転免許を取得する前の話しです。頭でっかちなのは勘弁してください。

そんな筆者にとって、2.0L未満の排気量と4気筒エンジンを搭載したVWゴルフ(当時はゴルフ2から3にモデルチェンジしつつある時代)なんて買う人間の気持ちが知れないと思っていたのです。VWゴルフの新車を買うくらいなら、マークIIの上級グレードの方が豪華でいいじゃん!そんな風に考えていました。まさにokバブリー・・・。そんな筆者が、都合5台のゴルフを乗り継ぐことになろうとは、このとき夢にも思いませんでした。

現在の愛車はVWディーゼルゲート事件真っ只中に購入

VW ゴルフ
▲現在所有しているゴルフ7。GTIではなく素のモデルですが、不思議と運転が楽しいと感じさせてくれるクルマです

筆者は現在、VWゴルフ7に乗っています。素のゴルフでは真ん中のグレードにあたる、1.2L コンフォートラインをベースにした2015年4月に販売された「ラウンジ」という限定車。購入したのは2015年10月。そうです。VWディーゼルゲート事件が起きた直後です。

担当セールス氏から「例の事件で、買ってから半年でお客様が手放したゴルフ7があるから観に来ませんか?」との連絡を受け、事件のことも気になっていたので足を運んでみたのです。現地に着いてみると、当時のVWディーラーは週末にも関わらず閑散としていました。

到着早々に件のゴルフを見せてもらうと、まだ1万キロも走っていない個体。新車同然のコンディションです。「こんな事件が起きたようなメーカーのクルマには乗っていられないから」ということで、奥様の強い意向で手放した個体だということでした。これはあくまでも筆者の邪推ですが、クルマが不安というより「世間体が気になるから」という理由で手放したのかもしれません。いずれにしても、何だかもったいない話しです。

そのとき所有していたゴルフ6ハイラインを高値で下取りしてくれるとのことで、軽い気持ちで見積もりを出してみました。繰り返しますが、時はVWディーゼルゲート事件発生直後。他に見積もりを出しているようなお客さんは1人もいません。何だかいつの間にかとんとん拍子に話しが進み、ディーラーに到着してから数時間後には、長期在庫として保管されていた現在の愛車を手に入れることになっていたのです。クルマを買う人はその日か、遅くとも翌週には決めるパターンが大半だそうですが、それをまさに地で行くこととなってしまいました・・・。

「ゴルフショック」は二十歳をすぎてから

当時、勤めていた企業の社長がクルマ好きで、発売されたばかりのゴルフ4GTI(MT)を購入しました。筆者が興味津々なのを理解してくださる方だったので、打ち合わせに同行するたびに運転させてもらいました。1998年のことなので、もう20年近く前のことです。

打ち合わせのため、東京からお客さんのオフィスがある愛知県豊橋市まで、ほぼ毎週のように東名高速道路を走りました。ドライバーは筆者。ゴルフのオーナーである社長は、動き出してから5分後には助手席で居眠りです。当時、筆者は20代半ば。何かと理由をつけてクルマの運転をしたい年頃です。移動中に居眠りしたい社長と、とにかく運転が楽しくて仕方ない筆者は、ピタリと利害が一致していました。筆者が起こさない限り社長は熟睡しているので、(東名高速道路を走ったことがある方は分かると思いますが)いつの間にか、大井松田〜御殿場の区間を走ることが何よりの楽しみとなっていきました。ゴルフ4GTIは1.8Lターボを搭載していましたが、「速ええ!これで充分じゃん!」と、走るたびに痛感されられたものです。いつの間にか、あれほど大嫌いだったゴルフに魅了されている自分がいたのです。

うっかり試乗してしまったゴルフ5GTIにやられる

VW ゴルフ
▲ゴルフ5GTIのフロントグリル。ハニカムグリルは汚れがたまりやすく、洗うのが大変でした・・・

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...