ランボルギーニ・ウラカン、3年間の維持費は152万円。これからかかるコストも予想してみよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

先日はランボルギーニ・ウラカンの車検費用についてお伝えしたが、今回はウラカンを3年間維持したらどれくらいのお金がかかったのか、そしてこれから先どれくらい費用がかかるのか、を紹介したいと思う。

正直言うと、スーパーカーの維持費はけっこう「スーパー」だ。やはり一般のクルマとは同じ額では維持ができない、ということは間違いない。加えて、ここで示した額にはガソリン代やカスタム費用は含まれず、よって実際の維持にはもっとお金がかかっている、ということも記しておきたい。

ウラカンを3年間維持するとこれだけかかる

まず、ランボルギーニ・ウラカンの維持費用は1年目では393,660円を要している。

内訳としては、12ヶ月点検やオイル交換含むメンテナンス費用が121,050円、税金88,000円、任意保険184,610円というものだ。
2年目だと437,850円だが、こちらはメンテナンス費用167,000円、税金88,000円、任意保険182,850円がその内容だ。

3年目では688,850円だが、これには車検費用含むメンテナンス費用が418,000円となり、大きな構成比をしめている。あとは1年目、2年目と同じく税金が88,000円、保険が182,850円という内訳だ。

ランボルギーニ・ウラカン、3年間の維持費は152万円。これからかかるコストも予想してみよう

参考までにランボルギーニ・ガヤルドの維持にかかったコストは1年目/466,313円、2年目/454,355円、3年目/606,000円となっていて、3年間のトータルだとウラカンが1,520,360円、ガヤルドでは1,526,668円。両車の間には意外や差がないことがわかる。

「意外」というのは、ウラカンの方が設計が新しく、フロントデフやトランスミッションオイルの交換が不要であったり、交換サイクルが長めに設定されていて、つまりは「メンテナンスフリー化」されているために維持費が安く上がるのでは、と当初考えていたためだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...