ランボルギーニは間違ったイメージを持たれているようだ。誤解とその事実について5つ紹介してみよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

「ランボルギーニ」というと、どういったイメージをお持ちだろうか。

ボクはこれまでランボルギーニと名のつくクルマを二台乗ってきた。

ランボルギーニ 燃える スーパーカー

その過程おいては、様々な質問を受けることがあったが、中には誤解と思われるものも多い。
ここでは、そんな「世間に誤解されている」ランボルギーニの認識、そして事実との相違をお伝えしたい。

ランボルギーニはすごくうるさいって本当?

世間では、ランボルギーニはものすごくうるさいと認識されている。

この「うるさい」と認識される理由としては、昔のランボルギーニの「爆音」のイメージ、そして現行モデルにおいても改造されたランボルギーニの動画が広く知られており、むしろ「ノーマルのランボルギーニの音」を知る機会のほうが少ないことが起因しているのかもしれない。

そこで「ランボルギーニはうるさいのか」という問いに対する回答はこうだ。
いかにランボルギーニと言えども、法を守る必要がある。よって規制の範囲内に排気音量が収まっており、「うるさくはない」。

純正エキゾーストシステムで、通常の回転数の範囲内で走行する限りは、周囲を走行する他のクルマとは区別がつくほど大きな音量は出ない。
実際に、ボクのランボルギーニ・ウラカンを見た人のほとんどは、その静かさに驚いている。

ランボルギーニ 燃える スーパーカー

ただし、エンジン始動時や高回転時においてはこの限りではない、と言っておく。
さらに比較するクルマによっても印象は異なると思われ、ここではあくまでも「バリバリとうるさいわけではない」と認識してもらえれば幸いである。

ランボルギーニの燃費はリッター2キロとか3キロなのか?

現代のランボルギーニに限ってはそんなことはない。

ボクが記録している範囲だと、ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4の燃費はリッター6.7キロ、ランボルギーニ・ウラカンの燃費はリッターあたり6.8キロくらいだ。
大きなエンジンを積むメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズ、さらにはAMGやMモデルと比較してもさほど劣るどころか、むしろ「良好な」数字だとボクは考えている。

スポーツカーやスーパーカーは「軽く」作られており、そのため同じ排気量のエンジンを積むセダンやSUVと比べると圧倒的に燃費はいい。

ランボルギーニ 燃える スーパーカー

スポーツカーの燃費が悪いという認識は、「スポーツカーはエンジン回転数を上げる機会がほかの車種に比べて多いため(もちろんエンジン回転数を上げるとその分ガソリンを消耗する)」だと思われる。

ランボルギーニはフェラーリの派生モデルなのか?

スーパーカー=フェラーリ、という風潮が世の中にはある。

そして、「あの形」をしたクルマはすべてフェラーリである、という認識が一般的であるようだ。

よって、ランボルギーニ乗っていてもフェラーリだと間違われることは多々あるが、「フェラーリとランボルギーニとの区別がついている」人であっても、「今はフェラーリとランボルギーニは同じ系列なんだよね?」と聞かれることがある。

ランボルギーニ 燃える スーパーカー

これは驚くべきことではあるが、一度や二度ではなく、何度も経験している。

ボクはここで断固として主張したいが、「フェラーリとランボルギーニは全く別のメーカー」であり、クルマにも共通性はない。

ランボルギーニは乗り心地が悪いのか?

ここで言う「乗り心地」には個人による認識差があり、一様に「乗り心地の良し悪し」を論じることはできない。

ただボクが思うに、人々の言う「乗り心地が悪い」というのは、走行中に会話をすると舌を噛みそうなガチガチの足まわりであったり、容赦なく車内に入ってくる騒音であったり、効きの悪いエアコンであったりするかもしれない。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...