日本は世界に誇れるスーパーカーをつくれないのだろうか…。ボクが考える理由はこうだ

公開日:Posted in ライフスタイル by

クルマ好きの間でよく語られる話題がある。それは「日本から世界に誇れるスーパーカーは誕生するのか?」ということだ。

そして、この話題が出たとき、ボクはかならずこう答える。

「まず無理だろう」、と。

スーパーカーとは性能のみを指して語られるべきではない

その理由はいくつかあるが、最近では「スーパーカーとは、性能のみを指して語るべき存在ではない」ということが大きな理由だ。

おそらく日本は世界に誇れるスーパーカーをつくれない。ボクがそう考える理由はこうだ

かつて「スーパーカー」というのは、スーパーな走行性能を持つクルマのことを指していた。
だが、現代ではどうだろうか?
メルセデス・ベンツやBMW、アウディのサルーンでもスーパーカー顔負けの加速性能や最高速を誇るようになった。

だが、それらの性能がスーパーカーの領域に達したとして、そういったサルーンをスーパーカーと呼ぶだろうか?ボクは残念ながらスーパーカーとそれらを呼ぶことを認めるわけにはゆかない。

ボクは、スーパーカーに重要なのは「華」だと考えているからだ。

その「華」とは何か?ボクは「非日常性」と言い換えてもいい、と思う。

おそらく日本は世界に誇れるスーパーカーをつくれない。ボクがそう考える理由はこうだ

たとえば、992世代となった新型ポルシェ911カレラSの性能はもはやスーパーカーだと言っていい。だが、ポルシェ911カレラSをして「スーパーカー」だと呼べるだろうか?

ボクは「ノー」だと考えている。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...