GT-Rやスープラ、RX-7など…。なぜネオクラシックカーの価格は上がり続けるのか?

公開日:Posted in ライフスタイル by

最近、一部の旧車の価格高騰が著しい。
正確に言うならば、おおよそ1980~1990年代、つまりバブル期に発売されたり企画されたクルマの一部の価格が高騰している。

よく知られるところではトヨタ・スープラ(80)やR32世代の日産GT-R、FD世代のマツダRX-7、ホンダS2000といった車種だ。

GT-Rやスープラ、RX-7など…。なぜネオクラシックカーの価格は上がり続けるのか?

この理由についてボクはいくつかあると考えているが、それらについて述べてみたいと思う。

この現象は世界共通だ

まず、この現象は日本だけではなく、世界同時に発生している。
これについて、映画「ワイルド・スピード」が大きな要因としていわれているようだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...