世代を超えたクルマ好きとの出会いがある!24才のITエンジニアがカーシェアを通じて感じたことは?

公開日:Posted in ライフスタイル by

インターネットでお目当てのクルマを予約して、指定された、あるいは自宅から最寄りの場所まで引き取りに行く。そして、用事が済んで期限が来たら返却する。簡単かつ効率的です。そこに余計な感情移入はほとんどありません。良くも悪くも。

クルマを所有するオーナーから直接愛車をシェアすることで見えてくる世界、人と人とが直に会うことで初めて分かる世界があります。

今回は、24才のITエンジニアが、個人間カーシェアサービス Anyca(以下、エニカ)を知り、どのように活用しているのか、取材してみました。

●プロフィール
ハンドルネーム:アッシマーさん
年齢:24才
職業:ITエンジニア(クルマ好き)

エニカを知ったきっかけを教えてください

CLに掲載されていた「1970年式ポルシェ911T」の記事を見たことがきっかけとなりました。

●1970年式ポルシェ911にも乗れる!個人間カーシェア「エニカ/Anyca」とは?

1970年式ポルシェ911にも乗れる!個人間カーシェア「エニカ/Anyca」とは?

エニカをどのように利用しているのですか?

Anyca エニカ ポルシェ911

週末のデートカーとしてシェアさせていただいています。

また、気になっていたけれど、乗ったことがなかったり、所有してみたいけれどフィーリングを確かめる機会がなかったり・・・、それぞれ自分の感覚や好みにあうかどうかが見極められる貴重な場となっています。

当初、エニカに対してどのようなイメージを持っていましたか?

マニアックなクルマが中心で、1日/24時間借りるとしたら高価だったり、24才という、まだ免許取得歴が浅いユーザーはシェアさせてもらえないと思っていました。

エニカに登録されているクルマを見てみると、軽自動車からマニアックな車種まで選択肢が幅広く、料金的にも手頃に感じるものが多かった印象です。また、オーナーさんとは初対面であってもスムーズに会話でますし、快くシェアさせていただいています。

エニカに“オーナーとして新規登録”いただく際は、
カレントライフの招待コード「cl2000」をご入力ください。
※オーナー登録の招待コード入力タイミングは、クルマ登録完了時に表示されます

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL PROMOTION

こちらは提供元の情報をピックアップして取り上げた、CLのスポンサード記事となります。