ドイツ発、製造30年以上で税金等優遇される「Hナンバー」は旧いクルマを国が支援する制度

最終更新日: 公開日:2016-01-28 | Posted in ライフスタイル by

日々、カレントライフというカーメディアの仕事に関わらせていただいているうちに、常用ワードとなっていた「Hナンバー」。先日、カレントライフFacebookページに「Hナンバーって、何?」という旨のコメントをいただきました。そこでハッとしました。読んでくださる方が、Hナンバーをご存知だという前提で記事を書いていたことに猛省しました。

これを機に、最近カレントライフというメディアに興味を持っていただいた方にもお伝えしたい「Hナンバー」についてご紹介したいと思います。

製造から30年以上経ったクルマが掲げる「Hナンバー」とは?

11392909_820803354693493_3653269653153139282_n

中込氏の記事にあるドイツの「Hナンバー」を背負ったクルマ達@ドイツ現地レポを要約すると…

「Hナンバー」とは、製造から30年以上経った車両で、かつ大幅な改造がなされていない車両に特別なHナンバーをつけるというドイツの制度です。「H=ヒストリーナンバー/H=Historisch」の意味で、このナンバーが付与されるとなんと、自動車税や自動車保険が優遇されるのです。モノを大切に扱っている、歴史的な工業製品価値を維持している、また古いクルマはそんなに走らない、という考え方のようです。

上記のような制度となります。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...