2つの視点から考える「あの人は運転が上手い」と言われる7つの理由とは?

最終更新日: 公開日:2016-12-13 | Posted in ライフスタイル by

「あの人は運転が上手い」と言われても、どう上手いのかはわからない。サーキットを走る仲間の中ではクローズドなサーキットでいいタイムで走ることのできる人が[運転が上手い]人なんだろう。

サーキットではなく、一般の道路で上手い人とはどういう人なのか考えてみた。同乗者と周囲で運転するドライバーの視点の両面で考えてみたところ、驚くほど共通点があった。

同乗者視点から見た「上手い運転」とは?

あの人は運転が上手いと言われる、7つの理由とは?

1.縦揺れが少ない
どちらかと言うと、縦揺れというか前後揺れ。加速に関してはクルマの性能にかなり依存するので、いったん置いておくとして、一定の速度で走れず、絶えずアクセルとブレーキのどちらかを踏んでいる人の場合、同乗者はやはり上手とは思えないだろう。これは、アクセルもブレーキも踏まない空走の時間を意識的に作ることによって、前後揺れはかなり減らすことができる。しかもブレーキに足をかけておけば(踏まないでペダルに足を置くだけ)緊急事態への反応もよくなる。さらに燃費にも貢献する。また、結果的に車間距離をとるようになるし、なぜかキモチがゆったりするという副次効果もある。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...