名車Z32を後世に残すこと。専門店としてそういい切る唯一のショップとは

最終更新日: 公開日:2015-07-24 | Posted in ライフスタイル by

Z32をじっくり見るのは久しぶりでしたが、生産期間が11年と長かったため、こうして眺めていると生産時期で微妙にディテールが異なることに気づかされます。

名車Z32

名車Z32

▲フロント周りやリヤスポイラーの形状など、生産時期で微妙な違いがあります

Zoneでは自社で整備工場を完備しており、ディーラーでは対応が難しいような整備にも応じてくれます。また、欠品が増えつつあるZ32のパーツをストックしており、オーナーの方が困らないような配慮も万全です。

名車Z32

▲敷地内に自社工場を完備。ちなみに、写真に写っているのはキュートな女性メカニック!

1時間後、お客様が帰られたタイミングを見計らって(1台契約となったそうです!)、取材再開。そこで見えてきたものとは…。

フェアレディZ(Z32)の現状とは?

名車Z32

▲Z32は、現存する個体が減る一方で、程度の良い個体は更になくなっている

・前期モデルは特に数を減らしている
・コンバーチブルもかなり数を減らしている
・欠品パーツが目立つようになってきた
・乗りっぱなしの個体が多い
・内外装はきれいでも、下回りが錆びている個体も多い
・コンディションを維持するにはお金が掛かる年代に差し掛かってきた

と思われ、最終モデルでも15年が経過したZ32は、現存する個体が減る一方のようです。程度の良い個体となれば、さらに数が限られます。

そんな現状に危機感を募らせている小村氏のZ32愛はハンパではありません。Z32は、2シーターとリアシート付きの2by2が用意されていました。

名車Z32

▲こちらは2シーターモデル。当時は2by2が人気だったこともあり、2シーターは希少車なのだとか

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...