「フィアット X1/9」は史上最低のミッドシップ?輸入車オタクの回顧録

公開日:Posted in ライフスタイル by

こんにちは!ライター山本です。私は20歳の頃から輸入車に乗っていました。当時「外車」と言えばアメ車・ドイツ車等が中心で、それでも外車乗りは金持ち・変わり者・成功者なんてイメージが勝手に先行していました。そんな中でもわたくし山本は、人と違う路線のクルマを探し乗り続けてまいりました。ここではその「迷車」や「珍車」について、エピソード交えて紹介させていただきます。

前回、私のオタク回顧録は「ポルシェ914」でしたが、今回も私にとっては思い出の一台、「フィアット X1/9」になります。この車の購入により、私の変態人生が始まるのです。それでは、人生で2台乗っている「X1/9」の初号機のお話を。

X1-9 その1
▲つけられた不名誉なニックネームは『史上最低のミッドシップ』でした

「914」を足の負傷で断念して、普通のセダンに乗っていた私は又、病気が出て来ていました。そうです。タルガトップ病です(笑) 暇だと通っていた某中古車屋さんに行くと、そこには見慣れた「914」とは違う赤いタルガが置いてありました。早速、その中古車屋さんの社長に聞いてみると「フィアットX1/9」と言うクルマでした。ドイツ車しか興味がなかった私が、一気にそのクルマに興味を持ったのは言うまでもありません。速攻、試乗会となりました(笑)

屋根を開け、窓を開け運転していると「おっ!?早い?」と感じたのですが、それは気のせいでした。地上からの車高の低さとエンジンの唸りが「やってやる感」を演出してくれているのですが、隣の「ミラ(ノーマル)」にあっさりと抜かれていきました(笑) でも、注目度は抜群!欲しいと思い、値段を聞くと「60万」との事。つい、購入すると言ってしまいました。

X1-9 その2
▲リアの迫力はスーパーカーにも負けません!

ここで、問題が発生しました。実は2週間後に富士サーキットへ「デート」に行く予定でした。納車が間に合うか?と店長に尋ねたところOKを頂きました。しかし、トラブル発生の連絡があり(この時もっと余裕をもっていればと後悔)なんと納車はデートの当日となってしまいました。朝8時に車を受け渡し、そのまま彼女を迎えに行くことに。途中多少の水温の上り、タコメーターの大きなブレ、ギアチェンジのシフトの渋さ、加速時の一瞬の息継ぎ等が気になっていましたが、解放的なタルガトップでの空間は、快適なドライブとなりました。

そして、なんとか無事に富士のサーキットへたどりつきました。彼女もクルマを気に入ってもらい、次のデートもまんまと約束もこぎつけました。帰路も東名高速で注目を浴びなら、左車線をマイペースで走り首都高速へ。デートはうまく行く予定でした。しかし、この後悲劇は待っていたのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...