高嶺の花の代名詞、フェラーリは意外なほど“安くあがる”スーパーカーだ

公開日:Posted in ライフスタイル by

ときどき、ボクは思う。
お金がなくなってランボルギーニ・ウラカンを維持できなくなったり、新しくランボルギーニを買えなくなったらどうしよう、と。

そして、そういったときに必ず思うのが「そうなったらフェラーリを買うか」ということだ。

え?ちょっと待って、と思うだろう?
フェラーリもランボルギーニと同じくらい高いんじゃないの?

高嶺の花の代名詞、フェラーリは意外なほど“安くあがる”スーパーカーだ

フェラーリは買ってから売るまでは”安く”あがるクルマだ

だが、ボクはフェラーリについて、「買ってから売るまでのトータルを考えると、これほど安上がりなクルマはない」と考えている。

その理由はなぜだろう?
ボクが考える「3つの理由」を示してみよう。

フェラーリはローンでの支払いを低く抑えることができる

まず「購入」についてだ。
フェラーリは高価だ。
それは間違いない。

だが、同時にリセールが高いため、残価設定ローンを組む際の「残価」も高い。
たとえば、輸入車の一般的な残価は「3年で50%」だ。
これはポルシェであろうがBMWであろうがメルセデス・ベンツであろうが大差はない。
しかしフェラーリの残価は3年で75%に設定されている。

これがどう影響するのかということだが、たとえばフェラーリが3000万円だとして、手持ち資金が500万円だとしよう。
そして3年の残価設定ローンで購入すれば、3年後の残価である(3000万円の75%となる)2250万円を差し引いた750万円を支払えばいいという計算だ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...