車両本体価格29万円のユーノスロードスターを所有して分かったこと

最終更新日: 公開日:2016-04-13 | Posted in ライフスタイル by

最近、周囲でにわかにユーノスロードスターに関する話題が増えているから…というわけではないのですが、2014年まで所有していた1991年式ユーノスロードスターについて備忘録的にまとめてみたいと思います。

納車日はまさかの雷雨で雨漏り(泣)。ユーノスロードスター Vスペシャルの回想録

筆者が所有していたのは「Vスペシャル」というグレード。1.6Lの前期モデルでした。ネオグリーンのボディカラーにベージュ革のシートとカーペットの内装を持つ、まるで英国車を思わせるちょっと輸入車っぽい雰囲気を持つクルマです。

28
▲筆者が所有していたユーノスロードスターVスペシャル。1.6Lエンジン搭載の前期モデル

このクルマを手に入れたのは、いまから7年前、2011年の春です。

※伊達軍曹氏が最近手に入れたという、ユーノスロードスターのことが綴られた「輸入中古車400勝ブログ」や、ユーノスロードスターが愛車のフナタンさんこと小鮒氏のFacebookページを拝見していると「あぁ、売らなきゃ良かった…」と悔やむことしきりです。

それはさておき。ユーノスロードスターは、筆者が若いときにどうしても手に入れたかった、忘れられない1台なのです。今回は、そんな戯言にお付き合いいただければ幸いです。

まだ初心者マークが取れるか取れないかという当時の筆者に、クルマ好きの恩師が、このとき所有していた純白のユーノスロードスターを1泊2日で貸してくれたのです。当時、筆者はクルマを所有しておらず、父親のクルマを借りて乗っていました。恩師よりユーノスロードスター借りたのは8月の半ば。つまり真夏です。それでも人生初のオープンカー体験。猛暑と熱帯夜にも臆することなく屋根を開け放ち、2日で400kmくらい走りました。あのときの屋根を開けて走る爽快感と、草木の匂い、エンジン音が近くに感じられた記憶はいまでも忘れることができません。

IMG_5798
▲当時手に入れたユーノスロードスター関連本。クルマを買ったらここを弄ろうとか、妄想していました

IMG_5799
▲当時のマツダ車のカタログコレクション。いつのまにか、貴重なものになっていました…

それから、何とかしてユーノスロードスターを手に入れられないか?と思い悩む日々が始まりました。当時はまだ学生でしたから、新車を買うなんてことは論外。それならば中古で…となるのですが、人気車のためリセールも良かったのでしょう。新車とそれほど変わらない価格で販売されていました。いずれにしても、アルバイト漬けの貧乏学生に手が出るクルマではないと、泣く泣く諦めるしかありませんでした。

それから月日は流れ、何度か手に入れようと決意してユーノスロードスターを探したりもしました。しかし、これはと思う個体に巡り会えず、時間ばかりが過ぎていきました。

このクルマを手に入れたのは2011年春。つまり東日本大震災、3.11の数週間後です。「東北の方々が大変なときに、お前は呑気にクルマなんて買っていいのかよ?」毎晩ものすごく悩みました。3.11のこともあって悶々とした日々を過ごしていたこともあり、「本当に欲しいモノを、買えるときに、買える範囲で、思い切って手に入れよう」と心に決めました。

2011-03-26 14.10.41
▲初めて実車確認したときに撮影したもの。この時点で購入を決めていました。いわゆる衝動買い

2011-03-26 14.17.05
▲内装もほぼフルノーマル。ダッシュボード上に置かれたカップホルダーも流行りましたね

それからほどなくして、地元の中古車屋で車両本体価格29万円という、格安のユーノスロードスターを発見しました。それが手に入れたユーノスロードスターです。工場出荷時と同じ、ネオグリーンに全塗装を済ませたばかりで、見た目もほぼノーマル。車検が切れていたので試乗はできなかったのですが、勢いその場で契約してしまいました。これがイバラの道の始まりとも知らずに…。

納車日はなんと雷雨。いきなり雨漏りの洗礼です。クラッチはスムーズに繋がらないし、トランスミッションも、5速から4速にスムーズにシフトダウンできない…。これはあきらかにおかしい。そこで、地元のマツダディーラーに持ち込み、一通り点検してもらうことにしました。そのマツダディーラーは、かつてユーノス店の看板を掲げていたことを覚えていたのです。

DVC00343
▲納車後に地元のマツダディーラーに入院。このあと、まさか目まいがするほどの修理費用が掛かるとは知らず…

点検の結果、クラッチは滑り気味(要交換)、ミッションもオーバーホールが必要(要交換)、エンジンもオイル漏れ(要全バラシ)、ダンパーおよびバッテリー、ラジエーターもアウト(要交換)、そして雨漏り…。「いやあ、これはきちんと直すと相当お金が掛かりますよ」と、自身もユーノスロードスターに乗っていたという、サービスフロント氏が気の毒そうに見積もりを提示してきました。事実、諸々の点検整備項目を合計した金額は、車両本体価格29万円を遥かに上回るものでした。ほぼ20年越しの思いが叶い、ようやく手に入れた念願のユーノスロードスターなのに…。

2011-03-26 14.09.48
▲実車確認時のエンジンルーム。ラジエーターは変色し、寿命だといまなら分かります(遅い)

試乗もせずに衝動買いで手に入れた、車両本体価格29万円の1991年式ユーノスロードスター。トラブルはまだまだ続きます。

そのトラブルとは、購入したユーノスロードスターに修復歴ありかも疑惑

トラブルというより、単に確認不足なだけなんですが。クルマの性格上、他のモデルより、修復歴ありの割合が多いのではないかと予想されます。もしそうなったときは、(修復歴有りであることを含めて)大事に乗ろうと決めていました。

幸い、修復歴ありではないだろうという、ディーラーのお墨付きをもらいほっとしたのもつかの間…。現状ではまともに走らない20年落ちのユーノスロードスター。どうやってお金を工面して仕上げていくか?悩ましい日々が始まりました。

「それならば、はじめから程度の良い個体を買えばよかったじゃん。」

そうなんです。その通りなんです。しかし、当初からフルノーマルの極上車を購入することは考えていませんでした。その理由は「当時果たせなかった、自分好みのユーノスロードスターに仕上げてみたい」という願望があったからなのです。そのベースとなる個体を選ぶ際、フルノーマルの極上車に手を加えることにはどうしても抵抗ありました。仮にノーマル戻しをすることしても、元の(オリジナル本来の)雰囲気は取り戻せないように思えたのです。

で…。選んだのが今回の個体というわけです。程度はそこそこで良かったのです(この時点では)。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...