EU諸国の自動車税制は、クラシックカーに対する姿勢が明確に日本と違う

公開日:Posted in ライフスタイル by

そろそろ自宅にも、自動車税の納付書が届くころではないでしょうか。昨年より、初年登録から13年経過したガソリン車の自動車税の割り増しが10%から15%に大きく引きあげられたのはご存知の通りです。

初度登録年月日が平成15年(2003年)3月以前のガソリン車(LPG車)は、自動車税15%へ

064c536a8a05e5ff161f63e8da376bb61

2003年モデルであれば、日本車/輸入車ともに、現役で走っているクルマがまだまだたくさんあります。まして、クラシック/ネオクラシックカーと呼ばれているような世代のオーナーは完全に「自動車税15%対象車」です。

おそらく大多数の方が(この際ハッキリいいますが)苦虫を噛みながら、渋々納税することになるのでしょう。筆者もその一人です。カレントライフがスタートした当初からドイツのHナンバーに関する記事を度々取りあげ、その都度、大きな反響がありました。今回はさらに詳細をお伝えしたく、自動車先進国ドイツならびに周辺のヨーロッパ諸国のクラシックカーを含む自動車税に関する制度まとめてみました。そこから見えてきたものとは…?

ドイツのクラシックカーを含む自動車税に関する制度

1495457_671732022933961_6336633374856740889_n

自動車税*(課税基準:使用燃料、CO2排出量、エンジン排気量)
*車両保有時にかかる税金。取得時の付加価値税・車両登録税等は含んでいません。
■基本負担:ディーゼル(9.5ユーロ/排気量100cc)、ガソリン(2ユーロ/排気量100cc)
■CO2排出量に応じた負担:2.00ユーロ/g(CO2g/km)
※2009年7月1日よりCO2排出量で測定される新税制に変更。

●エンジンの形態、使用燃料(ガソリンかディーゼルか)、排気量、CO2排気量、キャタライザーの装備等(どのユーロ規制をクリアしているか)。

●有害物質排気量はCO2排出量のみで計算される。その他の排気物質は考慮されない。

●車両ごとに定められた排出性能を基準にしており、実際の走行中に出されるCO2排出量ではない。(フランス・イギリス同様)

●1km走行時のCO2排出量による車両クラスごとに税額が設定されており、車両クラスD(ガソリン車の燃費に換算すると17.9km/l)までは無税であり、E以降はCO2排出量が多いほど、言い換えれば燃費が悪いほど高額になっている。また、税額は初年度と2年目以降で税率が異なり、車両クラスG(同、14.1km/l)までは同額、Hからは初年度の方が高額になる。さらに、燃費が悪くなるに従って、初年度の方が2年目以降の税額に対してより高額になっている。

その他、税金(取得時)付加価値税(19%、一般商品と同じ)、車両登録税(登録した地方自治体によって値段は異なる、平均26ユーロ)、エネルギー税等クラシックカー(Hナンバー車)

■クラシックカーについては?
●製造されてから30年以上経っていること、オリジナルの状態を保っていること、通常の乗車に差し支えないことなどの条件を満たせば工業文化遺産として扱われる。(Hナンバープレートの獲得)

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...