40〜50代男性は必ず知ってる!懐かしいカー用品20個を絶滅危惧種に認定せよ

最終更新日: 公開日:2016-03-10 | Posted in ライフ by

先日、同世代のクルマ好きの友人と飲んだときに「そういえば、土禁(土足禁止)のクルマってなくなったよな」という話しになりました。

筆者が中学生のころ、親族(女性)が念願の愛車を購入。クルマはAE92型レビン(5MT)。いわゆる「92レビン」です。ちなみにそのクルマも土禁でした。乗り込む際、いまなら100円ショップで売っていそうなカラフルなトレーに靴を置くように念押しされたことを思い出します。つまり、親族は靴下(またはストッキング)を履いた状態でMT車を運転していたんですね。いま振り返ると、ちょっと危ないような気もしますが…。

親族はその後、結婚。2人のお嬢さんのママとして育児に奮闘中です。現在の愛車となるミニバンは、さすがに土禁ではなかったように思います。

それはさておき、最近見掛けなくなったカー用品20選と題して、以下にまとめてみました。絶滅危惧種なもの。すでに絶滅してしまったものもあります。

絶滅危惧種に認定?2016年に見掛けなくなったカー用品20選[外装編]

技術の進歩やその時代の流行によって、あれだけ見掛けたものもいまや絶滅危惧種に…。

1.自動車電話用のアンテナ(ダミー含む)

2.ダイバーシティアンテナ

3.ブーメランウィング

4.エンブレムチューン

5.サンルーフバイザー

6.昭和な音のマフラー

7.大口径のマフラー

絶滅危惧種に認定?2016年に見掛けなくなったカー用品20選[内装編]

つづいて内装編です。かつての愛車や自宅のクルマに装着されていたものがあるかもしれません。

8.レースのシートカバー

9.フルスモーク(内側から貼るので、内装編に)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...