あなたは強烈なノスタルジーを感じるだろうか。消えてゆくドライブインレストラン

公開日:Posted in ライフスタイル by

アメリカやヨーロッパには後れを取るも、日本でも自動車の国産化に果敢に挑む挑戦者があわれてから100年以上、日本の一般労働者が一家に一台念願の自家用車を手にすることも可能になり、第一回日本GPが開催されてから早50年以上、今や日本車も「ヘリテイジ」と呼べる歴史的、文化的バックグラウンドを持つまでになりました。当然その中には日本独自の自動車文化も少なからず存在します。その、日本のモータリーゼーションの歴史の産物の一つに「ドライブインレストラン」というのがあるのではないでしょうか。

ドライブインレストラン

ドライブインレストランの文化が、郊外や地方の幹線道路沿いに存在した

アメリカのカーアクション映画やロードムービーを見ていると、片田舎のハイウェイ沿いで遠くの客先に向かうビジネスマンの薄汚れた4ドアセダンのプリマスやピータービルトのエイティーン・ホイーラーの大型トレーラーが止まって、サンドイッチを頬張り、コーヒーでのどを潤しながら、備え付けのピンボールや、ビリヤードに興じてひと時の休息をとる「ドライブインレストラン」や西海岸のクロームの装飾に、赤い表皮の椅子に、派手なネオンサインの電飾で、週末の夜になれば50’sオールディーズポップスをBGMに、若者たちがダッジチャージャーやデュースクーペのホットロッド、キャルルック仕様のVW等、思い思いのカスタマイズした自慢の愛車で集まり、ポリスの目を盗んでシグナルGPを始めたりというシーンが出てきます。

筆者の大好きな映画でスティーブン・スピルバーグ監督の出世作「激突」にもデニス・ウィーバー演じる主人公デイヴィッド・マンの赤いプリマス・バリアントが、得体のしれない古いピータービルトのタンクローリーに執拗に追われる中、ドライブインレストランに立ち寄り、自分が路上で見ず知らずのトラックに追われる羽目になってしまった心理的葛藤を印象的に描いているシーンがあります。ちなみに、このときロケで使用されたレストランは現在でも実際に営業しているようで、余談ですがプリマスを追いかけていたピータービルトのタンクローリーの劇用車も予備車を入れて2台用意した内、スタントシーンで使用しなかった方の車両も現存し、今もイベントで展示される事があると聞きます。筆者も、もしアメリカに行く機会があれば、三ツ星の有名レストランより、むしろハイウェイ沿いのドライブインレストランやダイナーでサンドイッチやハンバーガーを頬張ってみたいものです。

この通り、モータリーゼーションとロードサイドの飲食店や小売り店舗というのは密接な関係にあるといってもよいでしょう。特に日本の戦後のモータリーゼーションはアメリカの影響も大きく、ロードサイドのファミリーレストランや大型スーパーなどはアメリカを意識した部分があると思います。実は日本のではお馴染みのファミリーレストランの「デニーズ」が元はアメリカ資本の企業で、その後日本で本家とは全く別物の店舗として現地化したということをご存知の方も今や少ないことでしょう。

少々、話が脱線してしまいましたが、戦後日本のモータリーゼーションにおいてアメリカのロードサイドのドライブインレストランに相当する、日本独自のロードサイドのドライブインレストランの文化が、かつて郊外や地方の幹線道路沿いに存在した日本独自のドライブインレストランではないでしょうか?

1960年代~1970年代の日本映画やTVドラマを見ていると、自動車で移動するシーンによく途中で幹線道路沿いのドライブインレストランに立ち寄って小休止するという描写があったりします。今や、伝説の映画シリーズとなり、日本のトラックドライバーには聖典のような作品である、菅原文太演じる「一番星」こと「星桃次郎」と愛川欽也演じる「やもめのジョナサン」こと「松下金造」のトラックドライバーのドタバタ騒動と人情劇を描いた「トラック野郎」もまず、行きつけのドライブインで他のドライバーととっくみあいの喧嘩をしたり、いわゆる「マドンナ」と呼ばれる、ヒロインで店の給仕のアルバイトをしている女性に、桃次郎が一目ぼれするというパターンから始まります。ちなみにこのシリーズのロケで使われていたドライブインは現在も営業していると聞きます。

カップ麺やハンバーガー、サンドイッチを販売する自販機が懐かしい

サンスイ

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...