年末の大掃除に追われながら、「溺愛車」の行方と愛車の終活について考えてみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

いわゆる「お片付けのプロ」の方による「大掃除は早めに済ませておくと年末が楽しく過ごせますよ!」という記事を読んだのが、確か昨年の11月下旬ころ。小さい頃は8月下旬になると夏休みの宿題に追われ、現在は原稿の締め切りに追われる日々。結局、大掃除に取り組んだのはクリスマス明け…。

他人事ではない「愛車の終活問題」

年末の大掃除に追われながら、「溺愛車」の行方と愛車の終活について考えてみた

今回、長年「開かずの間」だった実家の押し入れの大掃除に着手。亡き父親が愛聴していたレコードや、旅行先で撮った写真などが大量に見つかりました。今回はどうしても整理しなければならない事情があり「断腸の思いで」不要と思われるものを処分しました。もっと時間に余裕があればネットオークションなどに出品することで、それなりの金額で落札されたものがあったかもしれません。

アラフォー世代である筆者の同級生や幼馴染みのご両親の多くが70代、なかには80代の方も…。何かの折りにお会いすると「子どもたちに迷惑を掛けたくないし、そろそろ終活を始めないとね…」と口々に仰います。

亡き父同様、筆者も「モノが捨てられない性格」。いわゆる「遺品整理」をいつかはやらなければならないけれど、先延ばしにしてきました。心のどこかで断捨離やミニマリストに憧れつつ、このまま年を重ねていくのでしょうか…。

身近な人との突然の別れで感じた「溺愛車」の行方

年末の大掃除に追われながら、「溺愛車」の行方と愛車の終活について考えてみた

一昨年秋、学生時代のアルバイト先だったお店の社長さんが亡くなりました。まだ60代前半。胃がんでした。ポルシェ911をこよなく愛する方で、病室にポルシェのカタログを持ち込み、暇さえあればベッドで横になりながら読んでいたようです。しかし、脳転移してからは記憶の混濁がはじまり、お見舞いに行っても会話が成立しない状態に…。それから数日後、筆者の携帯電話にも突然連絡があり「いまから試乗に行こう!迎えに来てよ」と誘われることがありました。親族の方からは「本人から電話が掛かってきても無視してください…」といわれましたが、お世話になった方の連絡をスルーする罪悪感に苛まれました。

結局、件の社長さんは、ガンが見つかってから半年足らずでこの世を去ってしまいました。大切にしてきたクルマはもちろん、カタログやグッズの数々のコレクションをどう処分するかを決める前に他界してしまったため、遺族の方も途方に暮れていたように思います。結局、大切に保管していたカタログやグッズ類は筆者が引き取り、雑誌類は処分したようです。最後に残ったのは、「ディーラーのスタッフが恐ろしく気を遣う」ほど大切に乗られていたポルシェ911(997カレラS)。まさに「溺愛車」でした。ご子息はクルマに興味がないため、引き取り手を探すことになり、筆者にも声が掛かりました。

しかし、どうにも購入資金を捻出できず断念。結局、付き合いのあるディーラーに引き取られ、後日、認定中古車として売りに出されました。おそろしく程度の良かった個体だけに、割と早い段階で嫁ぎ先が決まったようです。あっという間にストックリストから姿を消していました。この個体を手に入れたオーナーさんは本当に幸運だったと思います。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...