ユーミンの「中央フリーウェイ」の歌詞に登場する「調布基地」今昔物語

公開日:Posted in ライフスタイル by

松任谷由実さん(以下、ユーミン)の楽曲が、Amazon Primeをはじめとする「サブスクリプション(聴き放題)サービス」での配信が解禁になった。筆者もカセットテープへダビングしていた頃を思い出しながら、最近ちょいちょいと聴いている。数多くの有名な曲のなかに「中央フリーウェイ」がある。この曲を聴きながら子供の頃の想い出がフラッシュバックしたので、少しお付き合いいただければと思う。

ユーミンの「中央フリーウェイ」の歌詞に登場する「調布基地」今昔物語

40数年前まで、中央高速は首都高とつながっていなかった

ユーミンの「中央フリーウェイ」の歌詞に登場する「調布基地」今昔物語

▲筆者(右)と弟(左)。背景のフェンスが調布飛行場のものだ

中央フリーウェイ(中央高速)は、今でこそ首都高速4号新宿線とつながっていて、都内からからそのまま八王子方向に行ける。現在のように、首都高速4号線の高井戸ICと中央高速の調布ICが開通したのは1976年のことだ。それまでは、高井戸ICのある環八から調布ICまでは国道20号線(甲州街道)を通らねばならず、高井戸~調布間の甲州街道はいつも渋滞していた。当時は真っ黒い排気ガスを吐き出すクルマばかりで、周辺住民の多くが辟易していた。かくいう筆者も、調布ICのすぐ近くの小学校に通学しており、夏場は慢性的な光化学スモッグ警報が街中のスピーカーから流されていたのを聞かされていた(警報が出ても、外で遊び続けて吐き気でぐったりしたこともあった)。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...