なぜ、メーカーの認定中古車は割高なのか?その疑問に迫ってみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

いずれの自動車メーカーにとっても、ブランド価値の向上は大きな命題だ。

そして、長期にわたって高いブランド価値を維持し、値引きしなくとも売れるようにするには中古相場の安定化と高値維持が必須となる。

だから、自動車メーカーは認定中古車において、「安い価格で販売することは許さない」のだろう。
これが認定中古車が高くなるもうひとつの理由だ。

認定中古車の価格が高くなれば、中古車販売専門店における同じ車種の販売価格も高くなる。
わざわざ大きく値下げしなくとも、認定中古車の「ちょっと下」の値付けにしておくだけで相対的に安く見え、利益を最大化した状態で売れるからだ。

なぜ、メーカーの認定中古車は割高なのか?その疑問に迫ってみた

ボクが見る限りだが、こうやって中古相場にまで気を配っている自動車メーカーが存在する一方、そうでない自動車メーカーだってもちろんある。
前者は中古相場を上げるためになるべくほかの中古車販売専門店ではなく自社で(自社の)クルマを買い取って高く売ろうとするが、これは相当な財力もしくは投資、統制力がないとできることではない。

そして後者はやはり新車販売時の値引きが大きく(これはボクらにとって悪いことではないが)、そして下取りや売却時の価格は低いようだ(これはボクらにとってツライことである)。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...