なぜ、メーカーの認定中古車は割高なのか?その疑問に迫ってみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

じゃあレクサスは人気が高いから中古価格が高いのか?

これはイエスでもあり、ノーでもある。
どういうことかというと、レクサスは高い中古相場を形成するため、認定中古車の値付けを意図的に高く行なっているのだろうと考えている。

だが、これは言うほど簡単ではない。
高い価格で中古車を販売すれば「売れにくくなる」からだ。
それでもレクサスは認定中古車の価格を高く設定する。

なぜか?

中古価格が高ければブランド価値が上がるからだ。
フェラーリがその最たる例だが、あの高い中古相場があるからこそ、安心して新車を購入できる。

そして、中古相場が高ければ、新車を値引きせずに販売できる。
中古相場が高ければ「下取り」および「売却」価格も高いということになり、乗り換えも容易だ。
そのメーカーのクルマが高く売れるという認識を持つと、再びそのメーカーのクルマを購入する可能性も高くなるだろう。つまり、自動車メーカーにとっては「いいサイクル」ができるわけだ。

だから、レクサスは、仮にそのモデルが中古市場で人気がなかったとしても、その販売価格を崩さない。
そして、価格を崩さなければ、そのメーカーやクルマの人気があるように見え、新車販売が好調に推移する場合もある。
ここが「人気があるから中古相場が高い」とは必ずしも言い切れないところだ。
上で「中古相場は人気に左右される」と書いたが、この「人気」は価格操作によって作り出せる場合もある、ということにもなる。

なぜ、メーカーの認定中古車は割高なのか?その疑問に迫ってみた

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...