なぜ、メーカーの認定中古車は割高なのか?その疑問に迫ってみた

公開日:Posted in ライフスタイル by

つまり、そのクルマの設計者であるポルシェ自身が「必要」だという場所をコストをかけてしっかりチェックし、保証もついている、ということだ。

一方で中古車販売専門店だとここまでしっかりチェックしているケースは稀だろうし、保証を手厚く付与してくれる場合も少ないかもしれない。

一見すると認定中古車は高く見えるかもしれないが、ここまでの整備代と保証が含まれていると考えると、けして「割高」とは言えないこともわかるだろう。

そして、高価な車ほど修理代がのちのち高価になることは往々にしてある。
だから、ボクはちょっとくらい高くとも、認定中古車の方が安心だ、と考えている。

メーカー認定中古車は価格を下げることが難しい

そしてもう一つの理由だが、これは「認定中古車は低い価格で販売するのが難しい」というものだ。これはどういうことだろう?

たとえばレクサスの認定中古車を見るとわかりやすい。
レクサスの中古車は比較的高い値付けを行なっている。

一般に、中古車の販売価格決定プロセスにおいて、「新車価格がいくらであったか」はさほど影響はなく、中古相場を形成する主な要素はその「人気」だ。
人気があれば中古車の価格は高くなり、人気がなければ、いかに新車価格が高かろうとも中古市場での価格は低い。

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...