文化が違えばクルマも異なる。ドバイを走るクルマたちを見てみよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

ボクは旅が大好きだ。
なぜなら、まったく言語も価値観も異なる分化に触れ、それを受け入れることで新しい自分自身になれるような気がするからだ。

とにかく多いスーパーカー

クルマはその国の価値観を表現するとも言われるが、その意味でもボクはその国を走るクルマが気になる。気になって仕方がない。
そこで、今回はドバイを走るクルマたちを紹介することにしよう。

文化が違えばクルマも異なる。ドバイを走るクルマたちを見てみよう

ドバイというと、真っ先に思い浮かぶのは「スーパーカー」や「高級車」だろう。
そのイメージには間違いはない。
とにかくランボルギーニやフェラーリが多く、いたるところを走っている。
その数はおそらくポルシェよりも多い。

文化が違えばクルマも異なる。ドバイを走るクルマたちを見てみよう

どんなところにスーパーカーがいるのか?

ドバイはクルマで移動することを前提にインフラが整備されている。
鉄道(メトロ)はあるが、これの利用者は少なく、基本的にクルマで移動することになる。
そして道路はご覧の通り広く走りやすい。
信号はほとんどなく、右左折は側道に入ってから曲がって行うことになるが、そのためにメインの車道は信号がほとんどなく、非常に高い速度で車が流れる。

よって、スーパーカーが走っていたとしても、それを見てカメラを取り出してももう遅い。
あっという間にスーパーカーが通り過ぎてしまうからだ。
そういった理由があり、道路を走るレアなスーパーカーをたくさん見かけたにもかかわらず、実際に画像として記録できたクルマが少ないことを残念に思う。

文化が違えばクルマも異なる。ドバイを走るクルマたちを見てみよう

ただし、ドバイには多くの高級ショッピングセンターや、高級ホテルがある。
それらの前に行けば、心ゆくまでスーパーカーを見ることができるため、もしドバイでスーパーカーや高級車を見たいのであれば、それらの施設を訪れることがオススメだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...