1分1秒でも早く、確実に理想的な「クルマの主治医」と出逢う方法とは?

公開日:Posted in ライフスタイル by

インタビュー記事を額面通りに信じてはいけない

1分1秒でも早く、確実に理想の主治医と出逢う方法とは?

雑誌やWebサイトの記事で気になる主治医のインタビュー記事を見掛けたり、それがきっかけで門を叩いてみようという考えに至ることもあるかと思います。日々、記事を書いていてこんなこというのもナンですが(せっかくの有料記事なので)、世に出したくても出せないエピソードや、インタビュー中に「これはオフレコで…」という前置きがあるのが普通です。それはご本人にとって辛い過去だったり、若いときにやんちゃしていた黒歴史だったりと、理由はさまざまです。それに対する批判もあるでしょう。しかし、ある程度は「美しいところを見せなければならない使命を担っている」と思っています。「そんなの詐欺だ!」思われる方がいらっしゃるかもしれません。では、あなたがオーナーインタビューを受けることになったとき、ありのまますべてを世に伝えられるでしょうか?ひとつやふたつ「いえない過去」があるはずです。それは主治医も同じ。

あなた自身が理想の主治医を遠ざけていることだって充分にありうる

1分1秒でも早く、確実に理想の主治医と出逢う方法とは?

ごくまれに「おれはお客だ!」という尊大な態度で主治医に接する方がいますが、これではほぼ確実に嫌われます。あなたのクルマを整備しなくても、他に常連のお客さんがいるのです。わざわざ時間を割いて、嫌いな客のクルマの面倒を診る必要はないのです。ディーラーと同じような接客を望むなら、わざわざ主治医を探す必要なんてないかもしれません。もちろん、ディーラーでも尊大な態度で接していたらウラでは確実に嫌われてしまいます。あなたが思っている以上に狭い世の中です。主治医同士の横の繋がりで「アイツは要注意人物」のレッテルを貼られてしまった人が実在します。こうなってしまうと、主治医探しどころではありません。どこに行ってもやんわり断られてしまった経験がある方は要注意です。

主治医と信頼関係を築くことができれば、本当に親身になって相談に乗ってくれる

1分1秒でも早く、確実に理想の主治医と出逢う方法とは?

職人気質の主治医であれば、お金よりも自分が手掛けたクルマに対してできる限りベストを尽くしてくれるはずです。1台、1台が自分にとって作品なわけですから、そのオーナーが困っていれば本当に親身になって相談に乗ってくれます。結果として、儲けよりも仕上がりに対するこだわりの方が上回ってしまうことも…。職人さんにとって、いかに自分が求める仕上がりに到達できるかが重要だったりすることもしばしば。そこに敬意を払い、信頼することで、多少なりともぶっきらぼうな主治医でもいつか心を開いてくれます。腕は確かでも、人付き合いはちょっと苦手、機械と向き合っていた方が気が楽…という人も少なくありませんから。

結論:友人知人、そしてネット経由でも「紹介してもらうのが理想」かもしれない

1分1秒でも早く、確実に理想の主治医と出逢う方法とは?

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...