当時は首都高が600円。バブルの頃の道路事情を懐かしむ

最終更新日: 公開日:2017-06-22 | Posted in ライフスタイル by

映画「バブルでGo!!タイムマシンはドラム式」の中で紹介されたいたような、1万円札を振ってタクシーを捕まえていたあの頃、筆者は若葉マークの付きの父のランサーEX(習志野ナンバー)で、時々都内を走るような貧乏学生だった。映画で紹介されていたタクシーの捕まえ方は確かに事実ではあったが、あの頃の貧乏学生が想像もしなかったことに、昨今の都心の道路事情の変化というのがある。関東ローカルネタで恐縮だが、今回はそのあたりを振り返ってみたいと思う。

1.六本木ハリウッドトンネル

今でこそ東京の有名なランドマークのひとつである六本木ヒルズがある場所は、かつては「テレビ朝日」と「ハートランド」というレストランと、スエーデンセンターという名の北欧のアンテナショップ、そして墓地だった。けやき坂なんて坂道は存在してなかった。

そして何より、六本木ヒルズの下を貫通しているトンネルは、当時は細い一方通行のトンネルだった。正式名称は知らないが、通称「ハリウッドトンネル」と呼ばれていた。出口の頭上に「ハリウッド化粧品」という看板がついていたことに由来していることと、ハリウッド化粧品の本社がすぐ近くにあったから、らしい。

このトンネルは、芋洗坂を通らずに青山方面から麻布十番への抜け道として使われていた。青山墓地側も、地下鉄乃木坂駅の出口の真上は今でこそY字交差点だが、当時はただのコーナーだった。それが六本木ヒルズの完成にともなって、青山方面から麻布十番へズドンと抜けられるトンネルに進化して飛躍的に便利になったわけだ。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...