窓の外を見るたびに巨大なアメリカ車が…そんな雰囲気を感じるアメリカンダイナーの魅力

公開日:Posted in ライフスタイル by

先日、日本のドライブインレストランについて執筆いたしましたが、やはりドライブイン形態の商業サービスの本場、アメリカのダイナー形式の飲食店についても語らなければならないでしょう。

革張りの椅子に派手な看板なアメリカンダイナー

バック・トゥ・ザ・フューチャー、アメリカングラフティ等往年のアメリカ映画には必ずと言っていいほど、このダイナー形式の飲食店というのが出てくると思います。クローム内装にレディのルージュを思わせる赤い革張りの椅子に派手なCocaColaやBudwiser等のネオンサインの看板、ちなみにクロームやアルミの外装の細長い店舗のデザインは、払い下げになった列車を店舗として再利用した事から、ダイナー形式の飲食店の店舗デザインのフォーマットになったのだそうです。

店内にはアメリカ黄金期の1950~1960年代のオールディーズポップスのBGMに店の外にはパンヘッドのヨンパチハーレーに、デュースクーペやT-バケットと呼ばれるジャンクヤードの古いフォードに高年式のブロワー付きV8エンジンを搭載し、太いタイヤに車高を低めたホットロッド、あるいは巨大なクロームのフロントグリルに、そびえ立つようなテールフィンのシェビーやフォードフェアレーン、プリマスフューリーに水玉模様のワンピースにポニーテールのガールフレンドを乗せた若者達が集まる……

もうちょっと時代が若くなればハイパワーを競い合ったプリマスGTXやフォードマスタングやポンティアックGTOあるいはコルベットスティングレーが店の前でバーンナウト決めて、シグナルGPを始める……

はたまた、食事休憩で寄ったポリスがクライスラーニューヨーカーのパトカーの車内でハンバーガーをコーヒーで喉に流しこんでいたら、銀行襲撃の緊急無線の連絡が入って窓からハンバーガーとコーヒーを放り投げて「クソッ、犯人には後で俺の昼飯代を請求してやる!」と言いながら、リアサスを沈み込ませてサイレンを鳴らしながらハイウェイを緊急走行する……

そんなイメージを皆さん抱かれるのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...