狙うは9月生産以降?スーパーカーはどうやって購入するのか。その流れを紹介しよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

ここでボクが強調したいのは、7月生産と9月生産ではモデルイヤーが変わる、ということだ。
モデルイヤーが変わるということは改良の有無が反映されているかどうかということになり、7月生産だと改良が反映されていない、9月生産だと改良が反映されている、ということになる。
だからボクは、生産月については9月以降となるように注文するようにしている(これはさほど難しいことではない。ディーラーで相談してみよう)。

スーパーカーはどうやって購入するのか?その流れを紹介しよう

そしてもうひとつの注意点だが、「年末に登録しない」ということだ。
もし購入したクルマを売却する場合、登録した年によって売却価格が変わることが往々にしてある。
同じモデルイヤーであっても、12月登録のクルマと、翌1月登録のクルマとでは売却価格が変わってくる、ということだ。

だから、9月に生産して12月に日本に到着したとしても、12月ではなく1月に登録したほうが売却時には高く売れることになり、だからボクは年末に登録することは避けている。

そのほか、スーパーカーは注文してからおおよそ納車まで7ヶ月~2年ほどかかる。
現在は世界的にスーパーカー需要が高く、「注文した分をすぐに生産」することはできない。
ディーラーでボクらが注文したデータは本社へと送られ、本社が「ウェイティングリスト」にそれを追加し、順番がやってきたらようやく生産開始、ということだ。

そのウェイティングリストの長さはブランドや車種によっても異なるが、希少性を保つためにスーパーカーメーカーは生産量を決めている。

よって、注文してもすぐに乗れるのがスーパーカーではないということだが(だから中古車需要も高く、相場も高くなる)、もしもスーパーカーの購入を考えているのであれば、すぐにでも最寄りのショールームに足を運び、購入の意思を伝えるのがいいだろう。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...