狙うは9月生産以降?スーパーカーはどうやって購入するのか。その流れを紹介しよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

スーパーカーの新車在庫がないということはつまり、「受注生産」ということだ。
まずはショールームを訪れ、担当者をつけてもらい、購入の相談をすることになる。
だが、上述のように、最近のスーパーカーメーカーはブランド認知度を高めることや、興味を持ってもらうことに主眼を置いて活動しているといっていい。

スーパーカーはどうやって購入するのか?その流れを紹介しよう

だから、商談したからといって必ずしも購入する義務があるわけではないし、担当者もボクらがすぐに買うとは思ってない。

よって、ここでは支払いのことやメンテナンス、保険、その他モロモロの気になるところ、つまり「スーパーカーの現実」を存分に聞くのがいいだろう。

スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

その後購入意欲が高まってきたら「試乗」をお勧めする。
やはりどんなクルマも乗ってみないとわからないことがあるからだ。

試乗後に購入意思が固まれば「注文」ということになるが、ここでボクが注意していることが2つある。
上で「受注生産」だと記したが、つまりは納車まで時間がかかる。
そして「いつ生産するか」「いつ届くか」は重要な問題だ。

およそ欧州のメーカーは7月をビジネスイヤーの終わり(日本風に言うと3月決算だ)と定めており、8月は夏休み、そして9月から新しい年度がはじまる、といったイメージで活動することが多い。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...