狙うは9月生産以降?スーパーカーはどうやって購入するのか。その流れを紹介しよう

公開日:Posted in ライフスタイル by

ボクがよく聞かれるのが「スーパーカーはどうやって購入するのか」ということだ。
まず、「そもそもどこに売っているのかがわからない」という場合も多いようだが、現在はフェラーリであってもマクラーレンであってもランボルギーニであってもアストンマーティンであっても公式サイトを開設しており、ショールーム(ディーラー)の検索ができるようになっているので、そちらを参照していただければ幸いだ。

変わってきたスーパーカーの”売り方”

ちなみにこの「ショールーム」だが、以前は比較的「わかりにくい場所」にあることが多かった。
具体的には高速道路のインターチェンジ付近などだが、これはスーパーカーディーラーの数自体が少なく、ひとつのディーラーで幅広い地域(複数の都道府県)をカバーするため、遠方からでもやってきやすい立地にショールームを構える場合が多かったようだ。
加えて、盗難防止の観点からか、あまり大々的に看板を掲げないことも多かったように思う。
そのため、普段道を歩いていて「偶然スーパーカーのショールームを目にする」機会は少なく、結果として「スーパーカーはどこに売っているのかがわからない」という認識に繋がっていたのかもしれない。

スーパーカーはどうやって購入するのか?その流れを紹介しよう

だが、今ではスーパーカーの販売方法も変わってきた。
最近では、スーパーカーのショールームも東京では「青山」、大阪だと「御堂筋」のように、高級ファッションブランドが立ち並ぶ地域に居を構えることが多い。
これは以前とはまったく異なる傾向であり、主には「より多くの人にそのブランドを知ってもらう」ことが目的だと考えられる。

つまり、以前は「知っている人だけが、売っている場所を探して、わざわざ買いに来る」のがスーパーカーであったのだが、今ではどのメーカーも「そのブランドに興味がない人に関心を持ってもらう」ということを重視している、ということだ。

どうしてこういった傾向へと変化してきたのかということだが、ボクは2つ理由があると考えている。
まず、スーパーカーは非常に高価だ。
そして、金額以外にも購入をためらう要素は多い(これは以前に述べたとおりだ)。

お金持ちでもスーパーカーを買わないのはなぜ?そこには2つの理由があった



そしてそもそも生活には必要がない。
だから、よほどそのクルマがほしいと考える人を除くと、なにか「きっかけ」がないとスーパーカーを買うことも、そもそも買おうと思うこともないだろう。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:JUN MASUDA

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている...