正直、強烈な印象を受けたクルマありましたか?東京オートサロン2017所感

公開日:Posted in 車悦 by

東京オートサロン2017

オートサロンのコンパニオンとレースクイーンの人たちは分けるべきだとは思いますが、これもオートサロンの名物の一つでしょう。「女性」が看板を背負って、クルマのプロモーションをして、集客しているのですから、私風情がとやかく言えるようなこともありません。彼女たちを見て「もっと頑張らねば」と思うくらいです。また「クラシックカー美女」など携わってきた立場からすると、根拠はありませんが「女性とクルマ」はセットにしておくと人が集まる。間違いないことでしょう。

もう少し点でクルマをじっくり見て回りたいですね、ほんとは。来年こそはもう少しゆったりとみたい。無理でしょうけど。今年は年末にモーターショーもありますね。合わせて楽しみです。

あわせて読みたい記事

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...